オオカミの語源・由来

ニホンオオカミは、明治38年(1905年)に奈良県で捕獲されたのを最後に絶滅したが、日本では昔から、オオカミが山神の使いとして敬われており、語源は「大神」の意味からと考えられている。
また、神は信仰の対象であるが、人を食い殺すような怖い猛獣も「神」と呼んでおり、その恐ろしさからオオカミは「真神(まかみ・まがみ)」とも呼ばれていた。
オオカミの語源には、大きな口をもつことから、「大噛み」の意味とする説もあるが考え難い。

優しく装っているが、実は怖い人を「狼」と言うのは、「狼に衣」ということわざに由来する。
「狼に衣」は、衣を着せたオオカミは、一見して怖いことが分からないことからいう。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 三拍子揃うの語源・由来

  2. あげつらうの語源・由来

  3. 渡りに船の語源・由来

  4. 山口市の意味・シンボル

  5. 茶碗の語源・由来

  6. ステマの語源・由来

  7. 「犬/狗」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 南京豆の語源・由来

  9. たまごの意味・別名・類語

  10. 蟹文字の語源・由来

  1. ナズナの語源・由来

  2. 加茂市の語源・由来

  3. 桜肉の語源・由来

  4. オトギリソウの語源・由来

  5. 笹の語源・由来

  6. 虎の巻の意味・類語・言い換え

  7. あんずの語源・由来

  8. 正念場の意味・類語・言い換え

  9. シャーベットの語源・由来

  10. 「ご来光」と「初日の出」の違い

人気記事

  1. シイの語源・由来

  2. 「震度」と「マグニチュード」の違い

  3. 姑息の語源・由来

  4. センダンの語源・由来

  5. 「刺身」「お造り」「あらい」「たたき」の違い

  6. 高崎市の語源・由来

  7. 鹿児島市の語源・由来

TOP