諏訪市の語源・由来

古代には、諏訪・諏方・州羽・須波などと表記されたが、いずれも音は「スハ」であった。
音の「スハ」から考えられる説には、砂地の湖岸の意味で「砂端(スハ)」もあるが、「洲端(スハ)」の説が有力である。
洲端は宮川の三角州の端のことで、洲の端にある湖として、諏訪湖を「洲端の海」と呼んだ可能性が高い。
『古事記』には、大国主命の子の建御名方命が追われて、州羽の海(現在の諏訪湖)に逃げ延びたという話がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 手不足の意味・類語・言い換え

  2. サボり魔の意味・類語・言い換え

  3. 「夫婦」と「夫妻」の違い

  4. さつまいもを食べるとおならが出る理由とおならを防ぐ方法

  5. 「トナカイ」と「カリブー」の違い

  6. 「殺す」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. ぶっきらぼうの意味・類語・言い換え

  8. 蝶の語源・由来

  9. カリスマの意味・類語・言い換え

  10. 「怪我」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. ネズミの語源・由来

  2. とっくにの語源・由来

  3. 「広報」「公報」「弘報」の違い

  4. エリンギの語源・由来

  5. 焼きが回るの語源・由来

  6. ピアノの意味・別名・類語

  7. モズの意味・別名・類語

  8. 意地悪の語源・由来

  9. 葉の語源・由来

  10. 「関西」「近畿」「京阪神」の違い

人気記事

  1. バザールの語源・由来

  2. ふけの語源・由来

  3. ディスるの語源・由来

  4. 「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い

  5. モルモットの語源・由来

  6. クーデターの語源・由来

  7. きゅうりの語源・由来

TOP