もんじゃ焼きの語源・由来

もんじゃ焼きは、江戸時代末期から明治時代に東京の下町で誕生した食べ物で、子供が集まる駄菓子屋が発祥といわれる。
当時は和紙が高価であったため、子供たちは水に溶いた小麦粉で文字を書き、覚えながら食べていたことから、「文字焼き(もんじやき)」と呼ばれ、変化して「もんじゃ焼き」になったというのが定説である。
その他、「文字焼き」が変化した説には、ヘラで文字を書くようにかき回して焼いたことからや、杓文字で落として焼くことからといった説もある。
全く異なる説では、とらえどころがない食べ物の意味で、「なんじゃもんじゃ」に由来する説がある。

出典:語源由来辞典

TOP