関の山の語源・由来

関の山の「関」は、三重県の関町(2005年1月11日に市町合併し、現在は亀山市)のこと。
「山」は、祭りの「山車」のことである。
八坂神社の祇園祭に出される関の山(山車)は、大変立派なものだった。
そのため、関の山以上の贅沢な山は作れないないだろうと思われ、精一杯の限度を「関の山」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 切ないの語源・由来

  2. ユッケの語源・由来

  3. 長万部町の意味・シンボル

  4. がんもどきの語源・由来

  5. 隈取りの語源・由来

  6. 北海道の語源・由来

  7. 鑑の意味・類語・言い換え

  8. 解答の意味・類語・言い換え

  9. ブロッコリーの語源・由来

  10. 加茂市の意味・別名・シンボル

  1. プレハブの語源・由来

  2. 諏訪市の語源・由来

  3. 「歌/唄」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. 書き入れ時の意味・類語・言い換え

  5. 甲斐の語源・由来

  6. キツネの語源・由来

  7. 生き馬の目を抜くの語源・由来

  8. レモンバームの意味・別名・類語

  9. 弁当の語源・由来

  10. バンガローの語源・由来

人気記事

  1. ビビるの語源・由来

  2. ビーフの語源・由来

  3. 紅葉狩りの語源・由来

  4. 松竹梅の語源・由来

  5. どじょうの語源・由来

  6. 「上白糖」「グラニュー糖」「三温糖」の違い

  7. 折檻の語源・由来

TOP