知らぬ顔の半兵衛の語源・由来

知らぬ顔の半兵衛は、知らないふりをする者を人名のように呼んだもの。
名前が「半兵衛」になったのは、戦国時代屈指の知将でとぼけるのがうまい竹中半兵衛(竹中重治)に由来する説が有力である。

略して「半兵衛」と言ったり、「知らぬ顔」が音便化して「知らん顔」になったり、「半兵衛」を「反兵衛」と書いた例もある。
知らんぷりを決め込むことは、「知らぬ顔の半兵衛を決め込む」の形で用いられる。

出典:知らぬ顔の半兵衛 – 語源由来辞典

「半兵衛」とは、戦国武将の竹中半兵衛のこととされる。
竹中半兵衛は戦国時代屈指の知将で、とぼけるのがうまく、織田信長が半兵衛の元にスパイの前田犬千代を送り込んだが、半兵衛はそれを見抜いていながら知らぬ顔で犬千代と付き合い、逆に相手の情報を手にしたという。

出典:知らぬ顔の半兵衛 – 故事ことわざ辞典

TOP