ショートケーキの語源・由来

ショートケーキの「ショート(short)」は「短い繊維のある」という意味から、「砕けやすい」「もろい」といった意味でも用いられる語。
ショートケーキは「ショートブレッド」ともいい、ショートニングを使って作られ、サクッとしたビスケットのようなものであったことから、こう呼ばれるようになった。
語源は「短い」「さくさくする」「ショートニング」などに分けられることも多いが、上記の通り、特に分けて考えるものではない。

日本で最初のショートケーキは、大正11年(1922年)、不二家の創設者 藤井林右衛門によって販売された、スポンジを使って日本人向けに改良されたものであった。
そのため、海外ではパンの間にいちごなどを挟み、上にクリームを乗せた「biscuit」と呼ばれるものを「ショートケーキ」というが、日本では不二家から販売されたショートケーキの類をさすようになった。
また、海外では大きな形に焼いたデザートで、温かいうちに切って出す菓子を「ショートケーキ」と呼ぶところもある。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 尊家の意味・類語・言い換え

  2. 夢の語源・由来

  3. テンの語源・由来

  4. 心配と不安と気がかりの違い・使い分け

  5. 考えるの語源・由来

  6. ルンペンの意味・類語・言い換え

  7. 女々しいの意味・類語・言い換え

  8. 娘の語源・由来

  9. 滑稽の語源・由来

  10. うなじと襟足と首筋の違い

  1. なあなあの語源・由来

  2. 凧の意味

  3. ざっくばらんの意味・類語・言い換え

  4. 人間関係の意味・類語・言い換え

  5. レトロの語源・由来

  6. もみあげの語源・由来

  7. 二年参りの意味・類語・言い換え

  8. 懐かしいの語源・由来

  9. リサイタルの意味・類語・言い換え

  10. 一石二鳥の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 着物と浴衣の違い

  2. 竹と笹の違い

  3. 髭と鬚と髯の違い

  4. なぜ鼻をかんだ後にティッシュを見るのか

  5. 基準と標準と水準の違い・使い分け

  6. 怒ると叱るの違い・使い分け

  7. 拝啓と謹啓と前略の違い・使い分け

TOP