鉛筆の語源・由来

鉛筆の語源は単純なようだが、正確なことは分かっていない。
現在の鉛筆は、芯に炭素の同素体である黒鉛が用いられているが、1565年に英国で考案される以前は、芯が鉛の棒であったことから「lead pencil(鉛の筆)」と呼ばれており、この「lead pencil」を訳して、「鉛筆」になったとする説がある。
また、日本にはオランダ人が江戸初期に伝え、黒鉛を芯に使ったものであったからとする説もある。
530年頃成立した中国の詩文集『文選』にも「鉛筆」の語は見られるが、これは鉛を焼いた粉を墨のように用いた毛筆であるため、関係ないと見て良いだろう。

鉛筆が商品として広まったのは、明治に入ってからである。
明治18年(1885年)、輸入品の鉛筆が一部の学校で使われはじめた。
明治20年(1887年)、眞崎仁六が『眞崎鉛筆製造所(現在の三菱鉛筆)』を設立し、日本で初めて鉛筆の量産を行った。
明治34年(1901年)、逓信省(現在の日本郵政公社)が眞崎鉛筆製造所の鉛筆を採用し、国産として初めて全国に供給された。
その後、小学校でも毛筆から鉛筆へ切り替えられるようになり、一般にも普及した。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. アセビの語源・由来

  2. 汝の語源・由来

  3. 提灯の語源・由来

  4. 厚沢部町の語源・由来

  5. 目の語源・由来

  6. 「タクシー」と「ハイヤー」の違い

  7. どんぶり勘定の語源・由来

  8. 「小額」と「少額」の違い

  9. 「遺跡」と「史跡」の違い

  10. サイプレスの語源・由来

  1. 菊池市の意味・シンボル

  2. 顛末の語源・由来

  3. 「領海」「接続水域」「排他的経済水域」の違い

  4. 「褒める」と「誉める」の違い

  5. おかっぱの語源・由来

  6. かしこの語源・由来

  7. 「鷹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. じゃれるの語源・由来

  9. 「ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」「チャイ」の違い

  10. おかかの語源・由来

人気記事

  1. 「ATM」と「CD(キャッシュディスペンサー)」の違い

  2. うさぎ小屋の語源・由来

  3. 黒蜜の栄養基礎知識

  4. 「キャンディ」と「ドロップ」の違い

  5. 「巻き寿司」「海苔巻き」「太巻き」「恵方巻」「手巻き寿司」の違い

  6. テッセンの語源・由来

  7. 仏の語源・由来

TOP