言葉の語源・由来

言葉の語源は、「言(こと)」+「端(は)」の複合語である。
古く、言語を表す語は「言(こと)」が一般的で、「ことば」という語は少なかった。
「言(こと)」には「事」と同じ意味があり、「言(こと)」は事実にもなり得る重い意味を持つようになった。
そこから、「言(こと)」に事実を伴なわない口先だけの軽い意味を持たせようとし、「端(は)」を加えて「ことば」になったと考えられる。

奈良時代の『万葉集』では「言葉」「言羽」「辞」の三種類の文字が使われ、「言羽」も軽い物言いを表現しているといえる。
平安時代の『古今和歌集』や『土佐日記』ではひらがなの「ことば」、『枕草子』では「詞」が使われ、室町時代の『徒然草』では「言葉」が使われている。
複数ある「ことば」の漢字の中で「言葉」が残った理由として、『古今和歌集』仮名序の「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろづのことの葉とぞなりける」でうまく表現されているとおり、「葉」はたくさんの意味で、豊かさを表すためと考えられる。
「言の葉」が多く用いられていくのに並行し、「ことば」にも「言の葉」の意味が含まれるようになり、「言葉」は言語を意味する最も一般的な語として定着した。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 三社参りの意味・類語・言い換え

  2. 嘘八百の語源・由来

  3. 「体幹」と「インナーマッスル」の違い

  4. みどりごの語源・由来

  5. 玄米茶の栄養基礎知識

  6. トトカルチョの語源・由来

  7. でんでんむしの意味・別名・類語

  8. じゃがいもの品種

  9. 霜月の意味・異名・類語

  10. 濡れ衣の語源・由来

  1. 拙いの意味・類語・言い換え

  2. 「蛇」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. しつこいの意味・類語・言い換え

  4. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」の違い

  5. 時計の針が右回りになった理由

  6. 若いツバメの語源・由来

  7. 居眠りの意味

  8. 「復讐」「報復」「仕返し」の違い

  9. ポモドーロの意味・別名・類語

  10. したためるの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. レム睡眠の語源・由来

  2. ロンパリの語源・由来

  3. エストラゴンの語源・由来

  4. 箱入り娘の語源・由来

  5. 「代議士」と「国会議員」の違い

  6. ちょんまげの語源・由来

  7. 大切の語源・由来

TOP