言葉の語源・由来

言葉の語源は、「言(こと)」+「端(は)」の複合語である。
古く、言語を表す語は「言(こと)」が一般的で、「ことば」という語は少なかった。
「言(こと)」には「事」と同じ意味があり、「言(こと)」は事実にもなり得る重い意味を持つようになった。
そこから、「言(こと)」に事実を伴なわない口先だけの軽い意味を持たせようとし、「端(は)」を加えて「ことば」になったと考えられる。

奈良時代の『万葉集』では「言葉」「言羽」「辞」の三種類の文字が使われ、「言羽」も軽い物言いを表現しているといえる。
平安時代の『古今和歌集』や『土佐日記』ではひらがなの「ことば」、『枕草子』では「詞」が使われ、室町時代の『徒然草』では「言葉」が使われている。
複数ある「ことば」の漢字の中で「言葉」が残った理由として、『古今和歌集』仮名序の「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろづのことの葉とぞなりける」でうまく表現されているとおり、「葉」はたくさんの意味で、豊かさを表すためと考えられる。
「言の葉」が多く用いられていくのに並行し、「ことば」にも「言の葉」の意味が含まれるようになり、「言葉」は言語を意味する最も一般的な語として定着した。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 脇役の語源・由来

  2. シオカラトンボの語源・由来

  3. シラントロの意味・別名・類語

  4. ウイキョウの意味・別名・類語

  5. 「一般職」と「総合職」の違い

  6. ドーナツの種類

  7. 雲泥の差の語源・由来

  8. 絶倫の語源・由来

  9. 神無月の語源・由来

  10. 「恋」と「愛」の違い

  1. 立夏の意味・類語・言い換え

  2. うなぎのぼりの語源・由来

  3. 稲の意味・別名・類語

  4. 師走の語源・由来

  5. ブロシェットの意味・別名・類語

  6. 熊本県の意味・シンボル

  7. クールビズの語源・由来

  8. 「徳利」と「お銚子」の違い

  9. 臥薪嘗胆の意味・類語・言い換え

  10. 嵐の語源・由来

人気記事

  1. 目の語源・由来

  2. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」の違い

  3. ミツクリザメ

  4. 「干支」と「十二支」の違い

  5. したためるの語源・由来

  6. ぼたもちの語源・由来

  7. 夜なべの語源・由来

TOP