とんとん拍子の語源・由来

とんとん拍子の「とんとん」は、舞台で師匠の手拍子に合わせて踊る時に、調子よく床を踏む「トントン」という音から、「続けざまに進行する」「順調に進む」という意味を表すようになった。
その「トントン」に、具合や調子の意味を表す「拍子」がついて、「とんとん拍子」となった。
「とんとん拍子」は比較的新しい言葉で、近世末期頃から見られるようになる。

出典:語源由来辞典

TOP