取手市の語源・由来

取手の地名は、江戸初期に「大鹿取手村」で見え、のちに大鹿村と取手村に分けられた。
取手は「砦(とりで)」のことで、戦国時代、当地を支配した大鹿太郎左衛門の砦に由来する地名といわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クリックの意味・類語・言い換え

  2. 僥倖の意味・類語・言い換え

  3. どじょうの語源・由来

  4. ホタテガイの意味・別名・類語

  5. 岡崎市の意味・シンボル

  6. 「現す/表す/顕す/露わす」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 土用餅の意味・別名・類語

  8. 米酢と穀物酢の違いはあるの?自分にはどちらがおすすめ?

  9. 市松模様の語源・由来

  10. 尼崎市の意味・シンボル

  1. 循守の意味・類語・言い換え

  2. カボスの語源・由来

  3. ウリの語源・由来

  4. 上野村の意味・シンボル

  5. 古希の意味・類語・言い換え

  6. 蓑の語源・由来

  7. リーフレタスの栄養基礎知識

  8. ごまの栄養基礎知識

  9. メイズの意味・別名・類語

  10. ずんぐりむっくりの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 札付きの語源・由来

  2. タコの栄養基礎知識

  3. 「ツナ」と「シーチキン」の違い

  4. ハウンドの語源・由来

  5. 「海胆」「海栗」「雲丹」の違い

  6. キジの語源・由来

  7. きびすの語源・由来

TOP