なぜ人間だけが言葉を話せるのか

動物の中で人間だけが言葉を話せる理由

言葉を話せる動物は人間だけです。
人間だけが言葉を話せるのは、他の動物にはない言語を理解できる優秀な頭脳を持っていることが挙げられます。
しかし、仮に他の動物が言語を理解できる頭脳を持ったとしても、言葉を話すことはできません。
もうひとつ、言葉を話すためには口呼吸できることが必要になります。

言葉を話すために必要な口呼吸

言葉を話すためには、声帯を振動させ、舌・唇などを使って空気を口から外に出す必要があります。
人間は哺乳類の中で唯一、口呼吸ができる動物なので、声帯を振動させて口から空気を出すことができます。
しかし、他の動物は鼻から吸い込んだ空気が通る道と、口から入れた食べ物が通る道が分かれているため、複雑な言葉を話せるほど口から空気が出せないのです。
犬が舌を出してハアハアしていますが、あれは体温調節しているだけで、空気を肺まで送る呼吸ではありません。

言葉を話せるために他の動物より劣ったこと

人間が口呼吸できるのは、直立歩行するようになったことで、食べ物の通り道が直角に曲がり、鼻からの気道と直結したためです。
食道と気道が交差点式になったことで、口呼吸ができ言葉を話せるようになりましたが、食べ物が気道に入って激しくむせたり、息を詰まらせて命を落とすというリスクも背負うことになりました。
他の動物は食道と気道が立体交差になっているため、食べ物が気道に入ってしまうことはありません。

今見られている記事 ランダム
  1. 初夢の意味・類語・言い換え

  2. 復讐と報復と仕返しの違い・使い分け

  3. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  4. 不思議の語源・由来

  5. リベラルの意味・類語・言い換え

  6. くだらないの意味・類語・言い換え

  7. 五月雨の語源・由来

  8. 納豆の語源・由来

  9. すっぽかすの語源・由来

  10. 馬耳東風の語源・由来

  1. 温故知新の意味・類語・言い換え

  2. 浮気の意味・類語・言い換え

  3. もしもしの意味・類語・言い換え

  4. 早苗月の意味・類語・言い換え

  5. 記入と記載と記述の違い・使い分け

  6. つくねとつみれの違い

  7. 方言と訛りの違い

  8. あざといの語源・由来

  9. 目標の意味・類語・言い換え

  10. とんずらの語源・由来

人気記事

  1. アヤメとショウブとカキツバタの違い

  2. なぜ鼻をかんだ後にティッシュを見るのか

  3. 悲しいと哀しいの違い・使い分け

  4. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  5. 怖いと恐いと強いの違い・使い分け

  6. 日本一高い山は富士山ではなかった

  7. スパークリングワインとシャンパンとシャンメリーの違い

TOP