人間の語源・由来

人間は、仏教語でサンスクリット語「mamusya」の漢訳。
仏教語としての「人間」は、「世の中」「世間」「人の世」を意味した言葉で、「人間」に「人」そのもの意味が加わったのは江戸時代以降である。

「人間」を「にんげん」と読むのは呉音。
漢音では「じんかん」と読む。
一般に「人」を表す場合は「にんげん」、「世の中」の意味で用いる場合は「じんかん」と読み分けられることが多いが、この読み分けに特別な理由は無く、「世の中」の意味で「にんげん」と読んでも間違いではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. アルマジロの語源・由来

  2. 鬼籍の意味・類語・言い換え

  3. 酷いの語源・由来

  4. ウォンの語源・由来

  5. かっぱ巻きの意味・別名・類語

  6. 「海藻」と「海草」の違い

  7. ハンサムの語源・由来

  8. 白寿の意味・類語・言い換え

  9. ザクロの意味・別名・類語

  10. エテ公の語源・由来

  1. 「年」と「歳」の違い

  2. 「歳」と「才」の違い

  3. 「力士」と「関取」の違い

  4. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」の違い

  5. 言葉の綾の意味・類語・言い換え

  6. 目抜き通りの意味・類語・言い換え

  7. 大分市の意味・シンボル

  8. シソの語源・由来

  9. ブルの意味・類語・言い換え

  10. プレカリアートの語源・由来

人気記事

  1. 観光の語源・由来

  2. 用心棒の語源・由来

  3. 「Tシャツ」と「カットソー」の違い

  4. 「絞る」と「搾る」の違い

  5. 情けないの語源・由来

  6. カフェオレの語源・由来

  7. 秋波の語源・由来

TOP