四六時中の語源・由来

四六時中は、元々「二六時中」と言われていた。
二六時中は、一日の時間を「子の刻」「丑の刻」など、干支の十二刻で表していた江戸時代の使われ方である。
2×6で12となるため、一日中を意味していた。
四六時中は、その「二六時中」を現代の一日の時間(24時間)に合わせ、4×6の24時間としたものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 血で血を洗うの語源・由来

  2. 「通夜」「葬儀」「告別式」の違い

  3. 出前の意味・類語・言い換え

  4. タブロイドの意味・類語・言い換え

  5. あまのじゃくの語源・由来

  6. 狼狽の意味・類語・言い換え

  7. 港の語源・由来

  8. 大雑把の語源・由来

  9. スポーツの語源・由来

  10. 肌の語源・由来

  1. アキレス腱の意味・別名・類語

  2. ぼんくらの語源・由来

  3. ジュゴンの意味・別名・類語

  4. 感慨深いの意味・類語・言い換え

  5. ゲリラの語源・由来

  6. ぜんざいの語源・由来

  7. 狂言の語源・由来

  8. 土用の意味・類語・言い換え

  9. パイナップルの種類

  10. なぜ雪は白いのか

人気記事

  1. おつむの語源・由来

  2. カリフラワーの栄養基礎知識

  3. 「容疑者」「被疑者」「被告人」「犯人」の違い

  4. ピーナッツの語源・由来

  5. 尾籠の語源・由来

  6. マジョラムの語源・由来

  7. 四万十市の語源・由来

TOP