槍玉に挙げるの語源・由来

槍玉は、槍を手玉のように自在に扱うことを意味した。
そこから、槍玉に挙げるは、人を槍の穂先で突き上げ、思いのままに扱う意味として使われ、大勢の中から選び出して攻める意味となった。
また、「槍玉に挙がる」と言えば、大勢の中から犠牲の対象となることを表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. レム睡眠の語源・由来

  2. サボるの語源・由来

  3. 石に針の語源・由来

  4. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

  5. ふんどしの語源・由来

  6. 豚の語源・由来

  7. ダンクシュートのダンクの意味

  8. がんもどきの語源・由来

  9. 狂言の語源・由来

  10. 池の語源・由来

  1. 根回しの語源・由来

  2. 頑丈の意味・類語・言い換え

  3. 死体と遺体の違い・使い分け

  4. ルーサンの意味・別名・類語

  5. セレブの意味・類語・言い換え

  6. マンションの意味・類語・言い換え

  7. クリスマスツリーの意味・別名・類語

  8. ピエロの意味・別名・類語

  9. 恵方参りの意味・類語・言い換え

  10. 進展の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 国立公園と国定公園と国営公園と国民公園の違い

  2. 探すと捜すの違い・使い分け

  3. おはぎとぼたもちとあんころもちの違い

  4. 誰でも確実で簡単に美人になれる方法

  5. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  6. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  7. 曖昧とあやふやとうやむやの違い

TOP