畳の江戸間と京間と中京間と団地間の違い


地域や建物によって、敷く畳のサイズに違いがあり、京間、中京間、江戸間、団地間の順に畳のサイズは小さくなる。
畳のサイズに違いがあるのは、柱間の寸法に違いがあるため。
柱間の寸法に違いがあるのは、それぞれの地域で気候や風土、生活様式に合わせて家が建てられたためである。

江戸間は、関東での使用が多く、東北地方の一部、北海道、三重県伊勢地方でも使用されている。
江戸間の畳のサイズは、5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)の1.5488平米。江戸間の6帖は、9.2928平米である。
江戸間は、関東間や田舎間、五八間、狭間などとも呼ばれる。

京間は、主に近畿・中国・四国・九州で使用される。
京間の畳のサイズは、 6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)の1.82405平米。京間の6帖は10.9443平米である。
京間は、本間や関西間とも呼ばれる。

中京間は、主に愛知・岐阜県の中京地方で使用されるほか、福島・山形・岩手の東北地方の一部、北陸地方の一部、沖縄、奄美大島で使用される。
中京間の畳のサイズは、6尺×3尺(182cm×91cm)の1.6562平米。中京間の6帖は9.9372平米である。
中京間は、三六間とも呼ばれる。

団地間は、公団住宅・アパート・マンション等、集合住宅の大半が団地間である。
団地間の畳のサイズは、5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)の1.445平米。団地間の6帖は8.67平米である。
団地間は、公団間や公団サイズ、五六間とも呼ばれる。

その他、六一間や六二間と呼ばれるサイズもある。
六一間は、広島や岡山などの山陰や近畿の一部で使われるサイズで、6尺1寸×3尺5分(185cm×92.5cm)の1.71125平米。6帖は10.2675平米。安芸間や広島間とも呼ばれる。
六二間は、佐賀や長崎などの九州地方の一部で使われるサイズで、6尺2寸×3尺1寸(188cm×94cm)の1.7672平米。6帖は10.6032平米。佐賀間とも呼ばれる。

今見られている記事 ランダム
  1. 次郎柿の語源・由来

  2. おこがましいの意味・類語・言い換え

  3. ポンコツの意味・類語・言い換え

  4. 完璧の語源・由来

  5. 真っ赤な嘘の意味・類語・言い換え

  6. 怖いの語源・由来

  7. 革命の語源・由来

  8. パンツの意味・類語・言い換え

  9. パンツの語源・由来

  10. 魚の目の意味

  1. 白河夜船の意味・類語・言い換え

  2. 弥生の意味・類語・言い換え

  3. インフルエンザの意味・別名・類語

  4. ガリの語源・由来

  5. 台風の大型・超大型・強い・非常に強い・猛烈の違い・呼び分け方

  6. サイダーの語源・由来

  7. 白の語源・由来

  8. ダンクシュートのダンクの意味

  9. 冷たいの語源・由来

  10. むっくりの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 怖いと恐いと強いの違い・使い分け

  2. 郵便マーク「〒」の由来

  3. 特徴と特長の違い・使い分け

  4. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  5. 飛行機と航空機の違い

  6. 血と皿の漢字が似ている理由

  7. 晦日と大晦日の違い

TOP