畳の語源・由来

畳は、薄い敷物を何枚も積み重ねることから、また、使用しない時は畳んでおくことから、「畳む(たたむ)」が名詞化され「畳(たたみ)」となった。
古くは、むしろ・ござ・こもなどの敷物の総称として「畳」が用いられていた。
今でいう「畳」は「厚畳(あつだたみ)」といって、座ったり寝たりする場所にだけ一時的に敷かれた。
部屋全体に畳を敷きつめるようになったのは、中世の書院造りや寺院などからと考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ちゃぶ台の意味・類語・言い換え

  2. 新宮町の語源・由来

  3. 愛知県の語源・由来

  4. おろちの語源・由来

  5. 大葉の語源・由来

  6. 扁桃腺の語源・由来

  7. 馬の骨の語源・由来

  8. 謦咳に接するの語源・由来

  9. シンボルの語源・由来

  10. 狼狽の意味・類語・言い換え

  1. ピクトグラムの意味・類語・言い換え

  2. 脚立の語源・由来

  3. トンボの種類

  4. ソフトボールの意味

  5. とてつもないの意味・類語・言い換え

  6. インフルエンザの意味・別名・類語

  7. 引き出物の語源・由来

  8. 努めるの意味・類語・言い換え

  9. 草分けの語源・由来

  10. ぐっすり眠るの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ダックスフントとダックスフンドの違い

  2. 「目的」と「目標」の違い

  3. 「科学」と「化学」の違い

  4. 性格と性質の違い

  5. 紫蘇(シソ)と大葉の違い

  6. 「弁済」と「返済」の違い

  7. かまくらの中が暖かい3つの理由

TOP