因果の語源・由来

因果は仏教語で、「原因と結果」を意味するサンスクリット語「hetu-phala」の漢訳。
仏教では、よい行為(善因)には善い報い(善果)が生じ、悪い行為(悪因)には悪い報い(悪報)が生じることをいう。
特に、前世や過去の悪業によって、現在の不幸があるとする考えをいうことから、因果は悪行の報いや、不幸、不運の意味で用いられることが多くなった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 紅花の語源・由来

  2. 「トラック」と「ダンプカー」の違い

  3. 除夜の鐘の意味・類語・言い換え

  4. 赤磐市の意味・シンボル

  5. 音の語源・由来

  6. 眉の語源・由来

  7. ぞっこんの意味・類語・言い換え

  8. 痛み入りますの語源・由来

  9. 手の語源・由来

  10. 濡れ衣の意味・類語・言い換え

  1. フヨウの語源・由来

  2. 水商売の語源・由来

  3. 「降雪」「積雪」「着雪」の違い

  4. イワシの意味・別名・類語

  5. カリフラワーの栄養基礎知識

  6. 著しいの語源・由来

  7. やばいの意味・類語・言い換え

  8. 久留米市の意味・シンボル

  9. 「早い」と「速い」の違い

  10. 人を呪わば穴二つの語源・由来

人気記事

  1. 伯仲の語源・由来

  2. 会社の語源・由来

  3. ピーコートの語源・由来

  4. 「上る」「登る」「昇る」の違い

  5. 縄の語源・由来

  6. ラベンダーの語源・由来

  7. パパイアの語源・由来

TOP