因果の語源・由来

因果は仏教語で、「原因と結果」を意味するサンスクリット語「hetu-phala」の漢訳。
仏教では、よい行為(善因)には善い報い(善果)が生じ、悪い行為(悪因)には悪い報い(悪報)が生じることをいう。
特に、前世や過去の悪業によって、現在の不幸があるとする考えをいうことから、因果は悪行の報いや、不幸、不運の意味で用いられることが多くなった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 栄養の語源・由来

  2. 泡を食うの語源・由来

  3. 夜這いの語源・由来

  4. 偕老同穴の語源・由来

  5. サワラの語源・由来

  6. 芳香剤と消臭剤と脱臭剤の違い

  7. ホタテガイの語源・由来

  8. 天ぷらの語源・由来

  9. 大枚をはたくの語源・由来

  10. イルカの語源・由来

  1. 古本と古書の違い

  2. 遊説の語源・由来

  3. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  4. オーケストラの語源・由来

  5. 出生地(生まれ)と出身地と地元と故郷の違い・使い分け

  6. 発展の意味

  7. 安堵の語源・由来

  8. 力士と関取の違い

  9. 豊平区の意味・シンボル

  10. はずの語源・由来

人気記事

  1. 知識と知恵と見識の違い

  2. ウイスキーとブランデーの違い

  3. 押さえると抑えるの違い・使い分け

  4. キャンディとドロップの違い

  5. 主催と協賛と協力と後援の違い・使い分け

  6. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  7. カヌーとカヤックの違い

TOP