海胆と海栗と雲丹の違い


ウニは、食べられる部分(生殖巣)が「胆(肝)」のように見えることから、海の胆で「海胆」と書く。
また、全身がトゲで覆われていることから、海の栗で「海栗」とも書く。

食品として販売される時には、生殖巣だけを取り出した生のウニを「海胆」、トゲが付いた状態のものを「海栗」と書き分けることもあるが、多くの場合は「海胆」が使われる。
生物として表す場合は、「海胆」も「海栗」も使われる。

食品としてのウニを表す漢字には「雲丹」もある。
「丹」の字には「赤い」という意味があり、赤い雲のようなものという意味で、「雲丹」という漢字が当てられた。
この漢字は、塩漬けされたウニを表したものであるため、塩やアルコールや加工されたウニを表すのが普通だが、最近はトゲや内臓などを取り除き、食べられる部分だけにしたウニにも、「雲丹」の漢字が当てられていることもある。

今見られている記事 ランダム
  1. 墨田区の語源・由来

  2. 四日市市の語源・由来

  3. ショートケーキの語源・由来

  4. 山梨県の市町村名一覧

  5. 船と舟の違い

  6. 田楽の語源・由来

  7. 凛々しいの語源・由来

  8. パスタの語源・由来

  9. 修正と訂正の違い・使い分け

  10. ATMとCD(キャッシュディスペンサー)の違い

  1. 船と舟の違い

  2. 葉月の意味・異名・類語

  3. としよりの日の意味・類語・言い換え

  4. 核家族の語源・由来

  5. 木枯らしの意味・類語・言い換え

  6. リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

  7. ワッフルの種類

  8. トカゲの語源・由来

  9. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  10. カンパの語源・由来

人気記事

  1. クレヨンとクレパスの違い

  2. NORADがサンタ追跡をするようになったきっかけ

  3. 床屋と美容室の違い

  4. 野菜と蔬菜の違い

  5. お菓子と駄菓子の違い

  6. 午前12時と午後0時の違い

  7. 梵天耳かきの「梵天」の由来

TOP