ウニの栄養基礎知識

ウニの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、種類、旬の時期、加工品など、知っておきたいウニの基礎知識。

ウニの特徴

ウニとは、ヒトデやナマコなどと同じ棘皮動物で、棘皮動物のウニ綱に属するものの総称です。貝類と間違われやすいですが、ウニは貝の仲間ではありません。
食べる部分は、殻の中にある生殖腺(精巣・卵巣)です。
アミノ酸によって特有の甘味と旨味があり、とろけるような独特の食感が楽しめます。
ウニは生食のほか、蒸したり殻ごと焼いたり、加工品にして食べます。

ウニの栄養・効能

ウニはビタミンAを多く含むため、眼精疲労の改善や、皮膚や粘膜の健康維持、免疫力の強化に効果があります。
また、抗酸化作用が強いビタミンEも多く含まれています。
その他のビタミン類も豊富で、やわらかく消化吸収もよいため、高齢者や体力が落ちている人の栄養補給に適した食材です。
ただし、コレステロールも多く含まれているので、食べ過ぎには注意しましょう。

ウニの選び方

一般にスーパーなどで売られているのは、箱入りのむき身です。ウニのむき身は、ふっくらと盛り上がって厚みがあるもの。オレンジ色で光沢があり、一粒一粒がはっきりと見えるもの。水っぽくなく、箱の裏側が乾いているものを選びましょう。
殻付きのウニは、トゲがかたく、膨らみがあり、身が溶けていないものを選びましょう。

ウニの保存方法

生うには鮮度が大切です。空気に触れないよう密閉し、必ず冷蔵庫で保存します。
保存期間は2、3日が限度です。水っぽくなって生臭くなる前に食べましょう。
すぐに食べられない場合は、火を通しておきましょう。
業務用の冷凍庫で急速冷凍した場合は、組織が崩れずに冷凍できますが、家庭用の冷蔵庫で保存すると、解凍時に身崩れを起こしますから、冷凍保存はおすすめしません。

ウニの種類

日本近海には約180種程度生息するといわれますが、食用として流通しているのは10種類程度です。そのうち、バフンウニ、エゾバフンウニ、キタムラサキウニ、ムラサキウニなどが中心で、希少なものではアカウニが知られています。

バフンウニ

北海道南部から九州まで分布。殻径3cm。暗緑色でトゲは短く密生し、鋭い。
ウニの中で最も美味といわれています。

エゾバフンウニ

東北地方以北に分布。殻径約4cm。暗緑色。漁獲量は多い方です。
キタムラサキウニより美味とされます。

キタムラサキウニ

東北地方以北に分布。殻径約5cm。大きなものでは10cmにもなります。紫褐色。漁獲量は多い方です。
エゾバフンウニよりは劣るといわれますが、旨味が淡く上品な味わいがあり、北海道ではとくに好まれています。

ムラサキウニ

東北地方から九州に分布。殻径約5cm。紫黒色で、トゲが長い。
日本のウニの漁獲量の約半分を占め、最も普通に見られる種類です。

アカウニ

関東から九州に分布。殻径約6cm。赤褐色。
年々漁獲量が減っており、幻のウニと呼ばれる希少種。食通の間では、アカウニが最も美味とされ、高値で取引されています。

ウニの旬の時期

ウニの旬は下記のとおり、種類によって異なります。
バフンウニ:3月から4月。
エゾバフンウニ:7月から8月。
キタムラサキウニ:9月から11月。
ムラサキウニ:6月から8月。
アカウニ:9月から10月。

ウニの加工品

粒うに、練りうに、うに塩辛、焼きうに、干しうに、缶詰。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. ずらかるの語源・由来

  2. けしかけるの語源・由来

  3. 押さえると抑えるの違い・使い分け

  4. グレコローマンスタイルの語源・由来

  5. 納豆の栄養基礎知識

  6. キャンセルの語源・由来

  7. 白羽の矢が立つの語源・由来

  8. アバターの語源・由来

  9. 意地悪の語源・由来

  10. 中国の語源・由来

  1. 緑寿の語源・由来

  2. 青果店の意味・類語・言い換え

  3. 頭の語源・由来

  4. 桑の意味

  5. 新しいの語源・由来

  6. ヤモリの語源・由来

  7. 蕎麦の語源・由来

  8. 寓の意味・類語・言い換え

  9. 伯備の意味

  10. エプロンの語源・由来

人気記事

  1. 死体と遺体の違い・使い分け

  2. せんべいとあられとおかきの違い

  3. 体幹とインナーマッスルの違い

  4. ドキドキとワクワクとハラハラの違い・使い分け

  5. 延期と順延と延長の違い・使い分け

  6. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  7. 効果と効能の違い

TOP