お菓子と駄菓子の違い


菓子は元々「果物」のことを指していたが、茶菓子として出される甘い菓子が作られるようになってからは、果物を「水菓子」と呼び、食事のほかに食べる果物以外の嗜好品を「お菓子」と呼ぶようになった。
お菓子は、饅頭や羊羹、餅菓子などの和菓子と、チョコレートやビスケット、キャンディ、ケーキ、アイスクリームなどの洋菓子に大別されるが、生菓子と干菓子といった分類の仕方もある。

駄菓子はお菓子の一種で、江戸時代には見られる言葉である。
江戸時代は、上白糖が高価で稀少なものであったため、上白糖を使った菓子は「上菓子」と呼ばれ、大名や武士が食べるものであった。
この上菓子に対し、庶民が食べる黒糖を使った菓子が「駄菓子」である。

その後、粗糖(精製していない砂糖)や雑穀などの安価な材料で作られた大衆的な菓子を「駄菓子」と呼ぶようになり、安く販売される菓子もいうようになった。
現在では、洋菓子・和菓子を問わず、安価で大衆的な菓子を「駄菓子」と呼ぶ。

今見られている記事 ランダム
  1. 一富士の意味・類語・言い換え

  2. 惣菜の意味・類語・言い換え

  3. Novemberの意味・類語・言い換え

  4. 発達の意味

  5. 旨味とうま味の違い

  6. ワイシャツとカッターシャツの違い

  7. 温泉や銭湯で頭にタオルを乗せる理由

  8. つっけんどんの語源・由来

  9. セイウチの語源・由来

  10. 八面六臂の語源・由来

  1. 会社の犬の意味・類語・言い換え

  2. 推敲の語源・由来

  3. タレントの意味・類語・言い換え

  4. 判を押すの意味・類語・言い換え

  5. リサイタルの意味・類語・言い換え

  6. 宮城県の語源・由来

  7. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  8. とんちんかんの語源・由来

  9. タンポポの語源・由来

  10. 呉越同舟の語源・由来

人気記事

  1. ウサギの目が赤い理由

  2. 事業家と実業家と企業家と起業家と経営者の違い

  3. 交じると混じると雑じるの違い・使い分け

  4. 若干と弱冠の違い

  5. するめとあたりめとさきいかの違い

  6. 湯布院と由布院の違い

  7. 油と脂と膏の違い・使い分け

TOP