幽霊の正体見たり枯れ尾花の意味・類語・言い換え

幽霊の正体見たり枯れ尾花の読み・別表記

ゆうれいのしょうたいみたりかれおばな

幽霊の正体見たり枯れ尾花の意味

恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることのたとえ。また、恐ろしいと思っていたものも、正体を知ると何でもなくなるということのたとえ。

故事ことわざ辞典「幽霊の正体見たり枯れ尾花」の類義語

落ち武者は薄の穂にも怖ず/疑いは暗中の人影/疑心暗鬼/疑えば目に鬼を見る/杯中の蛇影/窃鈇の疑い/茄子を踏んで蛙と思う

出典:幽霊の正体見たり枯れ尾花 – 故事ことわざ辞典

TOP