彼岸桜の語源・由来

花期が早く、他の桜よりも早く開花する。
その開花時期が、春の彼岸の頃になるため、「彼岸桜」と命名された。
彼岸桜は「小彼岸桜(コヒガンザクラ)」とも呼ばれ、接頭語の「小」は「小さい」という意味。
それ対して、「大彼岸桜」と呼ばれる彼岸桜もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. かまととの語源・由来

  2. ダフ屋の語源・由来

  3. コハダの語源・由来

  4. 「ファスナー」「ジッパー」「チャック」の違い

  5. ガンの意味・別名・類語

  6. はやての語源・由来

  7. フーテンの意味・類語・言い換え

  8. 御社の意味・類語・言い換え

  9. 打ち合わせの語源・由来

  10. 水商売の語源・由来

  1. 井の意味・類語・言い換え

  2. 「体幹」と「インナーマッスル」の違い

  3. 加茂市の意味・別名・シンボル

  4. マンネリの語源・由来

  5. ナナカマドの種類

  6. 土壇場の意味・類語・言い換え

  7. 庭の語源・由来

  8. 一生懸命の意味・類語・言い換え

  9. マナガツオの語源・由来

  10. キリシタンの語源・由来

人気記事

  1. 大分市の語源・由来

  2. 「木材」と「材木」の違い

  3. 「重体」と「重態」の違い

  4. ハレンチの語源・由来

  5. 「怖い」「恐い」「強い」の違い

  6. 馬鹿の語源・由来

  7. 「団子」と「餅」の違い

TOP