「飛ぶ」「跳ぶ」「翔ぶ」の違い

飛ぶと跳ぶは、「空中を移動する」「飛行する」「fly」の意味であれば「飛ぶ」、「空中にはね上がる」「跳躍する」「jump」の意味であれば「跳ぶ」と使い分ける。

「とび上がる」の場合、鳥や飛行機など空中を移動するものであれば「飛び上がる」で「飛ぶ」、カエルなど跳ねるものであれば「跳び上がる」で「跳ぶ」を使う。

「バッタがとぶ」の場合、羽(翅)でとぶことを表すのであれば「バッタが飛ぶ」、後ろ脚を蹴ってとぶことを表すのであれば「バッタが跳ぶ」となる。

「とび降りる」の場合、降りている間に空中を移動する、下方へ飛び込むことなので、「飛び降りる」と書く。
なお、「飛び降りる」と「飛び下りる」は両方とも使われるが、高い所から低い所へ位置づける場合は「降りる」を使うため、「飛び降りる」と書くのが一般的である。

「とび跳ねる」の場合、泥水であればジャンプしないので「飛び跳ねる」、子供ならば「跳びはねる」と書く。
「跳びはねる」の「はねる」をひらがな表記にする理由は、「跳」の字が続くと見苦しいためである。

「高とび」の場合は、陸上競技であれば「棒高跳び」「走り高跳び」と「跳ぶ」を使い、逃亡する意味では「高飛び」で「飛ぶ」を使う。

高飛びのように、空中を移動する以外の意味で使う「飛ぶ」には、「現場に飛ぶ(大急ぎでかけつける)」「デマが飛ぶ(広く伝わる)」「ボーナスが飛ぶ(消える)」「話が飛ぶ(間を抜かして先へ進む)」などがある。

とぶには「飛ぶ」と「跳ぶ」のほかに、「翔ぶ」という漢字もある。
翔ぶの意味は、空高く飛ぶ、大空を自由に飛びまわる。
飛行機や鳥ではなく、火の鳥などの空想上の動物が空高く飛ぶことや、自由に飛び回ること。また、そのようなものにたとえた比喩として使う言葉で、文学的な表現である。

漢字辞典では、「翔」の訓読みは「かける」のみで、「とぶ」は採用されていないが、平安末期の『類聚名義抄』には「翔」の訓読みに「とぶ」が採用されており、「翔ぶ」が当て字というわけではない。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 依怙贔屓の語源・由来

  2. ずるいの語源・由来

  3. メバルの語源・由来

  4. 学ぶの意味・類語・言い換え

  5. 氏の語源・由来

  6. ずぼらの語源・由来

  7. 別嬪の意味・類語・言い換え

  8. ビンタの語源・由来

  9. 備長炭の意味・類語・言い換え

  10. 月々の意味・類語・言い換え

  1. メリッサの語源・由来

  2. 岐阜市の語源・由来

  3. ワスレナグサの語源・由来

  4. ムクドリの語源・由来

  5. 鹿の意味・別名・類語

  6. てるてる坊主の意味・別名・類語

  7. おとなしいの語源・由来

  8. 腐るの語源・由来

  9. ラッコの語源・由来

  10. ちまきの語源・由来

人気記事

  1. 不甲斐ないの語源・由来

  2. 「濃口醤油」と「薄口醤油」の違い

  3. 大葉の語源・由来

  4. 寝耳に水の語源・由来

  5. 「効く」と「利く」の違い

  6. せこいの語源・由来

  7. 銭の語源・由来

TOP