二の舞の語源・由来

二の舞は、蔵面をつけて舞う雅楽のひとつ「安摩(あま)」の答舞に由来する。
安摩の舞の後に、「咲面(わらいめん)」と「腫面(はれめん)」をつけた二人が、わざと失敗しながら安摩の舞を真似て演じる滑稽な舞のことを「二の舞」と言ったことから、人と同じ失敗をもう一度繰り返すことを意味するようになった。

舞に由来する言葉なので、かつては「二の舞を演じる」が正しく、「二の舞を踏む」は「二の足を踏む」と混同したもので誤用とされてきた。
しかし、経験する意味で「初舞台を踏む」や「場数を踏む」など「踏む」が用いられ、踊りは床を踏んで調子を合わせることから、誤用として扱うことが間違いとも言われる。
また、『大言海』の「案摩」の解説では「二舞(ニノマヒ)を踏む」とあるため、元々は「二の舞を踏む」と言っていたものが、舞からの類推で「二の舞を演じる」に転じたとの見方もある。
このようなことから、現代では「二の舞を踏む」は誤用とされず、多くの辞書では誤用の解説を載せなくなっている。
なお、「二の舞を繰り返す」は、繰り返しの意味が重複してしまうため、「繰り返す」を用いるのは間違いである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 網走市の語源・由来

  2. 「鷹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 博打の語源・由来

  4. ネコババの語源・由来

  5. 定石(定跡)の語源・由来

  6. 雰囲気の意味・類語・言い換え

  7. サボるの意味・類語・言い換え

  8. 寝耳に水の意味・類語・言い換え

  9. 立川市の意味・シンボル

  10. 切羽詰まるの意味・類語・言い換え

  1. 水仙の種類

  2. 佐賀県の意味・シンボル

  3. かかしの語源・由来

  4. あなた任せの意味・類語・言い換え

  5. 波止場の意味・類語・言い換え

  6. ダイナマイトの意味・類語・言い換え

  7. キジの意味・別名・類語

  8. 東京都北区の語源・由来

  9. フェンネルの語源・由来

  10. 令月の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. マヨネーズの栄養基礎知識

  2. テッチャンの語源・由来

  3. ナルシストの語源・由来

  4. つごもりの語源・由来

  5. 四股の語源・由来

  6. バズるの語源・由来

  7. 定家煮の語源・由来

TOP