秘書の語源・由来

秘書の初出は、中国の歴史書『漢書』といわれる。
ここでは「宮中の蔵書」の意味で用いられ、監理する役所を「秘書省」、管理する職は「秘書監」といって、「秘書」のみでは「職(仕事)」や「人」を表していなかった。
日本では平安時代に「秘書」の語が見られるが、ここでも「秘蔵の書物」「人に見せない本」など、文字通りの意味で用いられていた。
「職」や「人」を表すようになったのは、明治中期に金融機関で採用されたことによる。
英語の「secretary(セクレタリー)」や、オランダ語の「secretaris(セクレタリス)」の語は、江戸時代に日本に入っているが、幕末から明治初期には「書記」と訳されていた。
そのため、「秘書」が「人」を表すようになった頃は、「書記」と合成した「秘書記」という言葉も用いられており、「秘書」が定着したのは大正になってからである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 幼稚園と保育園と保育所と託児所の違い

  2. するめとあたりめとさきいかの違い

  3. ひっきりなしの語源・由来

  4. そばの木の語源・由来

  5. 一攫千金の意味・類語・言い換え

  6. サンダルの語源・由来

  7. 氾濫と決壊の違い

  8. 聖歌と讃美歌の違い

  9. パイナップルの栄養基礎知識

  10. ホオジロの語源・由来

  1. アバターの語源・由来

  2. 福岡市の意味・シンボル

  3. 圧力釜の意味・類語・言い換え

  4. 四面楚歌の意味・類語・言い換え

  5. 呼び水の語源・由来

  6. 徳利とお銚子の違い

  7. 青森県の市町村名一覧

  8. 調布市の語源・由来

  9. ベースボールの意味

  10. 筆の語源・由来

人気記事

  1. 大トロと中トロと赤身の違い

  2. 遵守と順守の違い・使い分け

  3. 寄付金と義援金と支援金の違い

  4. 日本酒と焼酎の違い

  5. 辞典と事典と字典の違い

  6. 交代と交替の違い・使い分け

  7. 徳利とお銚子の違い

TOP