蒙古斑の語源・由来

蒙古斑の「蒙古」の意味は、「モンゴル(人)」ではなく「モンゴル人種(黄色人種)」。
1885年、ドイツのエルヴィン・フォン・ベルツが、モンゴロイド(黄色人種)の特徴として「Mongolian Spot」の名で発表したことから、このあざを「蒙古斑」と呼ぶようになった。
この発表以前の日本では、蒙古斑ができる原因を、妊娠中の性交により内出血した跡と考えられていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 母の日の意味・類語・関連語

  2. サイレンの意味・類語・言い換え

  3. 「検討」と「見当」の違い

  4. 感無量の意味・類語・言い換え

  5. あばらやの語源・由来

  6. リウマチの語源・由来

  7. 床の間の語源・由来

  8. 「蚊」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 国法の意味・類語・言い換え

  10. 謦咳に接するの意味・類語・言い換え

  1. 横槍を入れるの語源・由来

  2. 滝の語源・由来

  3. ゲンジボタルの語源・由来

  4. 新潟市の語源・由来

  5. ブリの意味・別名・類語

  6. 別品の意味・類語・言い換え

  7. 佐賀県の意味・シンボル

  8. ドンピシャの語源・由来

  9. イヌノフグリの語源・由来

  10. ルンペンの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「事業家」「実業家」「企業家」「起業家」「経営者」の違い

  2. 蘇るの語源・由来

  3. ブルドッグの語源・由来

  4. 「精算」と「清算」の違い

  5. 下呂市の語源・由来

  6. キャンプの語源・由来

  7. コックピットの語源・由来

TOP