初めと始めの違い・使い分け


初めは、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味の時。
英語でいえば「first」で、文法的には、名詞か副詞として使われる。

始めは、開始、始まり、着手などの意味の時。
英語でえいば「start」「beginning」で、動詞の名詞化表現として使われる。

「はじめ」の漢字「初め」と「始め」の使い分けは、表そうとしている事柄を、上記のように別の言葉に置き換えると分かりやすい。
しかし、中には「仕事はじめ」「社長をはじめとして」「はじめから終わりまで」など、置き換えの判断が難しい場合も多い。

「仕事はじめ」は、新年最初の仕事であり、「年の初め」や「書き初め(かきぞめ)」などの言葉から、「仕事初め」と書かれることもあるが、正しくは「仕事始め」。
「一年の最初の仕事」ではなく、「一年の仕事の始まり」という意味である。

「社長をはじめとして」は、「社長を一番目として」という意味ではなく、「社長に始まり」の意味なので、「社長を始めとして」と書く。

「はじめから終わりまで」は、「初め」と「始め」のどちらも使う。
恋愛に例えると、最初の出会いから別れの時までをいうのであれば「初めから終わりまで」、付き合い始めから別れるまでならば「始めから終わりまで」となる。

今見られている記事 ランダム
  1. 人魚の数え方と鬼の数え方の違い

  2. つまりの語源・由来

  3. 千鳥の種類

  4. オレンジの語源・由来

  5. 寒天の語源・由来

  6. ヒツジの語源・由来

  7. 福島県の市町村名一覧

  8. チャンジャとは?じつは貝ではない!

  9. 水無月(和菓子)の語源・由来

  10. 番茶の語源・由来

  1. 虎の尾を踏むの意味・類語・言い換え

  2. しゃぶしゃぶの語源・由来

  3. うぶの語源・由来

  4. 大盤振る舞いの語源・由来

  5. ブロッコリーの種類

  6. 厚沢部町の語源・由来

  7. 例月の意味・類語・言い換え

  8. 豊平区の意味・シンボル

  9. あっけらかんの語源・由来

  10. プレゼントの語源・由来

人気記事

  1. 海胆と海栗と雲丹の違い

  2. ウイスキーとブランデーの違い

  3. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

  4. モツとホルモンの違い

  5. 広報と公報と弘報の違い

  6. 戦争と紛争と内戦の違い

  7. ねだるとせがむとせびるの違い

TOP