対応と応対の違い


応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。

「電話応対」と「電話対応」はどちらも使う言葉で、対応も人に応じる意味の言葉のようだが、電話応対がかけてきた相手に応じるのに対し、電話対応は電話がかかってくるという状況や、かけてきた相手の用件に応じているのである。

クレーム電話がかかってきた場合、受付は電話を受けるが、そのクレームに応じた処理をする訳ではないので「応対」。
受付が担当者に引き継ぐことは「対応」で、引き継がれた担当者が、クレームに応じて適切な判断をし処理するのは「対応」である。

「応対が良い」といった場合は、言葉使いや態度など、相手とのコミュニケーションの取り方が良いことを表し、「対応が良い」といった場合は、状況に応じた処理の仕方、解決の仕方が良いという意味になる。

今見られている記事 ランダム
  1. エクレアの語源・由来

  2. デブの語源・由来

  3. 名刺の語源・由来

  4. あこぎの語源・由来

  5. 蚊帳の語源・由来

  6. 悲しいと哀しいの違い・使い分け

  7. 大盤振る舞いの語源・由来

  8. テロの語源・由来

  9. 幸せの語源・由来

  10. オークションの語源・由来

  1. カニの語源・由来

  2. 関西の意味・類語・言い換え

  3. 青魚の栄養基礎知識

  4. 青天の霹靂の語源・由来

  5. かまぼこの語源・由来

  6. 床屋と美容室の違い

  7. 番茶の栄養基礎知識

  8. 天の川の意味・別名・類語

  9. ゆっくりの意味・類語・言い換え

  10. 財布の語源・由来

人気記事

  1. しらたきと糸こんにゃくの違い

  2. 傘と笠の違い・使い分け

  3. カヌーとカヤックの違い

  4. 回りと周りと廻りの違い・使い分け

  5. 和牛と国産牛の違い

  6. 木材と材木の違い・使い分け

  7. 謝罪と陳謝と深謝の違い

TOP