対応と応対の違い


応対と対応の違いは、人に対して応じるか、人以外の事柄に応じるかの違いである。

「電話応対」と「電話対応」はどちらも使う言葉で、対応も人に応じる意味の言葉のようだが、電話応対がかけてきた相手に応じるのに対し、電話対応は電話がかかってくるという状況や、かけてきた相手の用件に応じているのである。

クレーム電話がかかってきた場合、受付は電話を受けるが、そのクレームに応じた処理をする訳ではないので「応対」。
受付が担当者に引き継ぐことは「対応」で、引き継がれた担当者が、クレームに応じて適切な判断をし処理するのは「対応」である。

「応対が良い」といった場合は、言葉使いや態度など、相手とのコミュニケーションの取り方が良いことを表し、「対応が良い」といった場合は、状況に応じた処理の仕方、解決の仕方が良いという意味になる。


今見られている記事 ランダム
  1. ちょくちょくとしばしばと度々の違い・使い分け

  2. うり坊の意味・別名・類語

  3. 幽霊と妖怪とお化けの違い

  4. 珍しいの語源・由来

  5. べらぼうの語源・由来

  6. 千載一遇の意味・類語・言い換え

  7. 鮭の語源・由来

  8. トナカイの意味・別名・類語

  9. 年の語源・由来

  10. 関西と近畿と京阪神の違い

  1. かっぱ巻きの語源・由来

  2. 桜の語源・由来

  3. 点鬼簿の意味・類語・言い換え

  4. センマイの語源・由来

  5. 元旦の語源・由来

  6. セラミックの意味・類語・言い換え

  7. スパークリングワインとシャンパンとシャンメリーの違い

  8. 一生懸命の意味・類語・言い換え

  9. 敵(かたき)の意味・類語・言い換え

  10. 臭いと匂いと香りの違い・使い分け

人気記事

  1. ダンクシュートのダンクの意味

  2. セミナーとゼミナールの違い

  3. 忖度と斟酌の違い・使い分け

  4. 根本的と抜本的の違い

  5. 回答と解答の違い・使い分け

  6. 曖昧とあやふやとうやむやの違い

  7. 絶対と絶体の違い・使い分け

TOP