「夏季」と「夏期」の違い

夏季とは、夏の季節のことで、季節が中心にある言葉。
「夏季オリンピック」「夏季限定メニュー」など、夏だからこそ行われることには「夏季」が使われる。

夏期とは、夏の期間のことで、期間が中心にある言葉。
「夏期講習」「夏期大学」など、それ自体は季節を問わず行われるもので、今回行う期間が夏という場合に「夏期」が使われる。

夏季休暇と夏期休暇の場合は、暑い夏の季節だから休むものと捉えれば「夏季休暇」、夏の間の一定期間の休みと捉えれば「夏期休暇」となる。
どちらか一方が間違いということではなく、捉え方の違いだけなので、使いたい方を使えばよい。

ただし、学校教育法施行令では休業日について「夏季」を使用しているため、学校では「夏季休暇」を使う必要がある。
また、これにならって新聞やテレビも「夏季休暇」を使っているため、「夏季休暇」と「夏期休暇」で迷う場合は、「夏季休暇」を使用するのが無難である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 長崎県の語源・由来

  2. 一粒万倍の意味・類語・言い換え

  3. 「ウイスキー」と「ブランデー」の違い

  4. カラオケの語源・由来

  5. バス(乗り物)の語源・由来

  6. バラの語源・由来

  7. 寝耳に水の語源・由来

  8. 八代市の語源・由来

  9. 博打の語源・由来

  10. 砂肝の意味・類語・言い換え

  1. 「母体」と「母胎」の違い

  2. がめ煮の意味・別名・類語

  3. フヨウの意味・別名・類語

  4. アカメガシワの意味・別名・類語

  5. 酢の語源・由来

  6. 滅法の語源・由来

  7. 苦いの語源・由来

  8. 鮭の語源・由来

  9. ディスるの語源・由来

  10. 印税の語源・由来

人気記事

  1. 学ランの語源・由来

  2. カンニングの語源・由来

  3. 野暮の語源・由来

  4. 本巣市の語源・由来

  5. ニスの語源・由来

  6. 極楽の語源・由来

  7. お墨付きの語源・由来

TOP