夏季と夏期の違い・使い分け


夏季とは、夏の季節のことで、季節が中心にある言葉。
「夏季オリンピック」「夏季限定メニュー」など、夏だからこそ行われることには「夏季」が使われる。

夏期とは、夏の期間のことで、期間が中心にある言葉。
「夏期講習」「夏期大学」など、それ自体は季節を問わず行われるもので、今回行う期間が夏という場合に「夏期」が使われる。

夏季休暇と夏期休暇の場合は、暑い夏の季節だから休むものと捉えれば「夏季休暇」、夏の間の一定期間の休みと捉えれば「夏期休暇」となる。
どちらか一方が間違いということではなく、捉え方の違いだけなので、使いたい方を使えばよい。

ただし、学校教育法施行令では休業日について「夏季」を使用しているため、学校では「夏季休暇」を使う必要がある。
また、これにならって新聞やテレビも「夏季休暇」を使っているため、「夏季休暇」と「夏期休暇」で迷う場合は、「夏季休暇」を使用するのが無難である。

今見られている記事 ランダム
  1. スパゲッティの種類

  2. サボるの語源・由来

  3. ふんどしの語源・由来

  4. 自動車保険の意味・類語・言い換え

  5. 顔の語源・由来

  6. 和服の意味・類語・言い換え

  7. 当期の意味・類語・言い換え

  8. シンガーの意味・類語・言い換え

  9. うなじの語源・由来

  10. ケチの語源・由来

  1. デッサンとスケッチとクロッキーの違い

  2. 海老と蝦の違い

  3. いちごの語源・由来

  4. 震度の意味・類語・言い換え

  5. 大器晩成の語源・由来

  6. レモンの語源・由来

  7. コーチの意味・類語・言い換え

  8. 宇宙の語源・由来

  9. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  10. 文と文章と文書の違い

人気記事

  1. 負けず嫌いの「ず」の意味

  2. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

  3. ノースリーブとタンクトップとランニングシャツの違い

  4. 夏季と夏期の違い・使い分け

  5. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  6. 効果と効能の違い

  7. ピントとフォーカスの違い

TOP