牡蠣の語源・由来

牡蠣の語源には、掻き落として取ることから「かき」になったとする説。
殻を欠き砕いて取ることから、「かき」になったとする説。
「掻貝(かきかい)」の意味など、牡蠣の殻を取るための動作に由来する説が多く、語源は殻に由来すると考えて良いであろう。
その他、「か」は「貝」、「き」は「着」の意味からとする説もあるが、説得力にとぼしい。

漢字の「牡蠣」は、「蠣」の一字で「かき」を意味する。
しかし、中国ではカキが全てオスと考えられていたため、「牡」の字が付けられ、「牡蠣」になったといわれる。
これは、牡蠣が同一固体に雌雄性が交替に現れる卵生か卵胎生の雌雄同体で、外見上の生殖腺が同じであるため、全てオスに見えたものと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 稼ぐの語源・由来

  2. パートとアルバイトの違い

  3. アボカドの栄養基礎知識

  4. 野菜の栄養基礎知識

  5. 習字と書道の違い

  6. ポテトの意味・別名・類語

  7. 盤寿の意味・類語・言い換え

  8. ミラーの意味・類語・言い換え

  9. NORADがサンタ追跡をするようになったきっかけ

  10. 炒り卵の意味・類語・言い換え

  1. 生意気の語源・由来

  2. 恋の語源・由来

  3. 猫に小判の語源・由来

  4. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  5. インストラクターの意味・類語・言い換え

  6. ソメイヨシノの語源・由来

  7. サバの語源・由来

  8. レモンの語源・由来

  9. 9月の意味・類語・言い換え

  10. 秋の語源・由来

人気記事

  1. 準備と用意と支度の違い

  2. ATMとCD(キャッシュディスペンサー)の違い

  3. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  4. 儲けると稼ぐの違い

  5. 人種と民族の違い

  6. 共同と協同と協働の違い・使い分け

  7. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

TOP