目論見の語源・由来

目論見は近世から見られる語で、動詞「もくろむ(目論む)」の連用形の名詞化。
もくろむは、囲碁で対局中に目を計算することをいい、そこから、物事を企てることや計画する意味となった。
「もく」は碁盤の目をさす「目」の字音だが、「ろむ」の形になった理由は分かっていない。
漢語「目論(もくろん)」の字音からとする説もあるが、目論は「目は様々なものを見ることができるが、自分のまつ毛は見えない。同様に、人の欠点はよく見えるが、自分の欠点は見えないものだ」という教訓を表す語で、意味的には結びつかない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 下手の語源・由来

  2. 別品の意味・類語・言い換え

  3. 冬瓜の語源・由来

  4. ブランコの種類

  5. エテ公の意味・類語・言い換え

  6. 「大トロ」「中トロ」「赤身」の違い

  7. ユキノシタの意味・別名・類語

  8. けがの語源・由来

  9. 胡散臭いの意味・類語・言い換え

  10. 渡りに船の意味・類語・言い換え

  1. 「路地」「路地裏」「裏路地」「横丁」の違い

  2. 大分県の意味・シンボル

  3. アネモネの語源・由来

  4. 細君の語源・由来

  5. 御の字の語源・由来

  6. 年の名の意味・類語・言い換え

  7. 紅茶の栄養基礎知識

  8. 無鉄砲の意味・類語・言い換え

  9. モチベーションの意味・類語・言い換え

  10. 素封家の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 破天荒の語源・由来

  2. 「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」の違い

  3. 寅(寅年)の語源・由来

  4. お節介の語源・由来

  5. スズメの語源・由来

  6. 八代市の語源・由来

  7. ブリの栄養基礎知識

TOP