目論見の語源・由来

目論見は近世から見られる語で、動詞「もくろむ(目論む)」の連用形の名詞化。
もくろむは、囲碁で対局中に目を計算することをいい、そこから、物事を企てることや計画する意味となった。
「もく」は碁盤の目をさす「目」の字音だが、「ろむ」の形になった理由は分かっていない。
漢語「目論(もくろん)」の字音からとする説もあるが、目論は「目は様々なものを見ることができるが、自分のまつ毛は見えない。同様に、人の欠点はよく見えるが、自分の欠点は見えないものだ」という教訓を表す語で、意味的には結びつかない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 後釜の語源・由来

  2. 開放と解放の違い・使い分け

  3. ほくそ笑むの語源・由来

  4. ダイヤモンドの語源・由来

  5. ガラケーの語源・由来

  6. 苅田町の語源・由来

  7. まなこの語源・由来

  8. 固唾を呑むの語源・由来

  9. ばつが悪いの語源・由来

  10. 香川県の市町名一覧

  1. うるさいの語源・由来

  2. 牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

  3. 芝居の語源・由来

  4. 内職の意味・類語・言い換え

  5. 恵方巻きの語源・由来

  6. 還暦の意味・類語・言い換え

  7. 文明の種類

  8. 五輪(オリンピック)の語源・由来

  9. チョコの意味・別名・類語

  10. 桑の語源・由来

人気記事

  1. 路地と路地裏と裏路地と横丁の違い

  2. 成長と生長の違い・使い分け

  3. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  4. 港と湊の違い・使い分け

  5. おざなりとなおざりの違い・使い分け

  6. 同居と同棲と内縁の違い

  7. 煩わしいと面倒と厄介の違い

TOP