華甲の語源・由来

華甲の「華」の字を分解すると、「十」が六つと一つの「一」になり、「61」を表している。
華甲の「甲」は「甲子(きのえね)」で、干支(十干十二支)の最初を指している。
そこから、還暦と同じく、数え年で61歳を表すようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「旅」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 湯葉の語源・由来

  3. 油を絞るの意味・類語・言い換え

  4. 背水の陣の語源・由来

  5. すみません(すいません)の語源・由来

  6. 唐変木の語源・由来

  7. 鶏ひき肉の栄養基礎知識

  8. ハナミズキの語源・由来

  9. 称賛の意味・類語・言い換え

  10. 湯船の意味・類語・言い換え

  1. 墓の語源・由来

  2. 鮒の意味・別名・類語

  3. 雨の語源・由来

  4. カランの語源・由来

  5. 帝王切開の語源・由来

  6. 7月の意味・異名・類語

  7. ロマンの意味・類語・言い換え

  8. 立ち往生の語源・由来

  9. 福島県の語源・由来

  10. アニスの意味・別名・類語

人気記事

  1. きゅうりの栄養基礎知識

  2. 牛に経文の語源・由来

  3. 網走市の語源・由来

  4. 蓮っ葉の語源・由来

  5. 妾の語源・由来

  6. 西宮市の語源・由来

  7. 取手市の語源・由来

TOP