「分かる」「解る」「判る」の違い

わかるの漢字には「分かる(分る)」「解る」「判る」がある。
常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と「判る」は常用漢字表外の読みであるため、公用文書などでは全て「分かる」と表記する。
また、「わかる」にはいくつかの意味があるが、全ての意味に使えるのが「分かる」である。

公的な文書や公共性の高いところ以外では、「解る」も「判る」も用いるが、意味によって使い分けが必要となる。
「解る」の「解」は、「理解」「解釈」「了解」などに使われる漢字で、「意味がわかる」「日本語がわかる」など、物事の内容や理論がはっきりする意味には「解る」を用いる。
「判る」の「判」は、「判明」「判断」「判決」などに使われる漢字で、「犯人がわかる」「身元がわかる」など、事実がはっきりする意味には「判る」を用いる。

「解る」と「判る」は、前にくる言葉によって使い方が決まっているのではなく、意味によって使い分けるものである。
「答えがわかる」という場合の「わかる」は、筋道を立てて考えた結果の意味ならば「解る」、事実が明らかになった意味ならば「判る」と書く。

使い分けが難しい場合は「解る」や「判る」を使わず、標準的な表記で、全ての意味に使える「分かる」を使うのがよい。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 安全第一の続きと由来

  2. アバターの語源・由来

  3. スズランの意味・別名・類語

  4. パイナップルの種類

  5. 格好の語源・由来

  6. 田草月の意味・異名・類語

  7. ごめんの語源・由来

  8. 「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違い

  9. ハリケーンの語源・由来

  10. タピオカの意味・別名・類語

  1. うんちくの語源・由来

  2. 塞翁が馬の意味・類語・言い換え

  3. パーティーの語源・由来

  4. パッションフルーツの栄養基礎知識

  5. ローズマリーの意味・別名・類語

  6. 顔役の語源・由来

  7. うざい(うざったい)の語源・由来

  8. 隈取りの語源・由来

  9. 雨の語源・由来

  10. 匙を投げるの語源・由来

人気記事

  1. カエデの語源・由来

  2. ヤスデの語源・由来

  3. 「広報」「公報」「弘報」の違い

  4. クッキー(Web)の語源・由来

  5. グロテスクの語源・由来

  6. 「思う」と「想う」の違い

  7. 「ソーセージ」と「ウインナー」の違い

TOP