逆鱗に触れるの語源・由来

出典は『韓非子(説難)』。
逆鱗に触れるの「逆鱗」とは、竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えた鱗のこと。
この鱗に触れると、普段はおとなしい竜が怒り、必ず殺されるという伝説から、天子の怒りを買うことを「逆鱗に触れる」と言うようになった。
転じて、上司や先生など、目上の人に逆らって激しい怒りを買う意味でも、「逆鱗に触れる」は用いられるようになった。
竜の怒りが天子の怒りとなるのは、天子が竜にたとえられるためである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「探求」と「探究」の違い

  2. ビスケットの語源・由来

  3. ルビの語源・由来

  4. 蘿藦の意味・別名・類語

  5. 牡丹の意味・別名・類語

  6. マジョラムの意味・別名・類語

  7. デブの意味・類語・言い換え

  8. へそくりの意味・類語・言い換え

  9. 9月の意味・異名・類語

  10. 居酒屋の語源・由来

  1. たくあんの語源・由来

  2. オリーブオイルの栄養基礎知識

  3. 別府市の語源・由来

  4. シンガーの意味・類語・言い換え

  5. 「冒険」「探検」「探険」の違い

  6. メロメロの語源・由来

  7. お前の意味・類語・言い換え

  8. 雪隠詰めの語源・由来

  9. ボールペンの語源・由来

  10. しその栄養基礎知識

人気記事

  1. 耳を揃えるの語源・由来

  2. あんころ餅の語源・由来

  3. ドラの語源・由来

  4. 「寄付金」「義援金」「支援金」の違い

  5. 割烹の語源・由来

  6. 抹茶の語源・由来

  7. オジギソウの語源・由来

TOP