蘇るの語源・由来

蘇るの語構成は、「よみ(黄泉)」+「かえる(帰る)」。
死者が行くところとされる黄泉の国から帰るの意味で、生き返ることを表す。
720年の『日本書紀』では「ヨミカヘリ」に「蘇生」、850年頃の天理本『金剛般若経集験記』(平安初期点)では「ヨミカヘル」に「蘇活」の漢字が使われており、「甦る」よりも「蘇る」の方が古いことがわかる。
衰えたものが再び盛んになる意味で「蘇る」を用いた例は1900年代初頭から見られ、「復活」や「蘇生」の字が当てられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. つむじの語源・由来

  2. まな板の語源・由来

  3. 長万部町の語源・由来

  4. 和歌山県の市町村名一覧

  5. 一味の意味・類語・言い換え

  6. コールテンの語源・由来

  7. 石鹸の語源・由来

  8. 三昧の語源・由来

  9. 潮吹きの語源・由来

  10. 今治市の意味・シンボル

  1. 人を呪わば穴二つの意味・類語・言い換え

  2. ダークホースの意味・類語・言い換え

  3. がめついの語源・由来

  4. 叢雲の意味・類語・言い換え

  5. エリンギの語源・由来

  6. 大穴の意味・類語・言い換え

  7. お仕置きの語源・由来

  8. イタドリの意味・別名・類語

  9. ヘビイチゴの語源・由来

  10. アボカドの栄養基礎知識

人気記事

  1. モルモットの語源・由来

  2. ウォンの語源・由来

  3. サワラの語源・由来

  4. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」の違い

  5. ただいまの語源・由来

  6. サナダムシの語源・由来

  7. ポンコツの語源・由来

TOP