努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け


努めるは、勉学に努める、サービス向上に努める、ダイエットに努めるなど、努力すること、力を尽くして行うことを表す。

勉めるは、困難に耐えて努力する、無理をしてでも励むことを意味し、「力める」とも書く。
勉める(力める)は、努めるとほぼ同じ意味で表外音訓であるため、「努める」を使うのが一般的である。

勤めるは、会社に勤める、官庁に勤める、勤め先など、職に就くこと、職場に勤務することを表す。
また、朝のお勤め、法事を勤めるなど、仏道に励む、仏道を修めるといった意味でも、「勤める」は用いられる。

務めるは、議長を務める、主役を務める、親としての務めなど、引き受けた任務や役割を果たすために力を出すことを表す。

いずれも語源は同じで、勤めるや務めるも、「努力する」という意味から派生した表現である。

今見られている記事 ランダム
  1. かっぱ巻きの意味・別名・類語

  2. 時計の針が右回りになった理由

  3. 敬老の日と老人の日の違い

  4. 戌の意味・類語・言い換え

  5. 正陽の意味・類語・言い換え

  6. ブリの意味・別名・類語

  7. ステマの意味・類語・言い換え

  8. ぐっすり眠るの意味・類語・言い換え

  9. レンギョウの語源・由来

  10. 玉露の栄養基礎知識

  1. 越前ガニの意味・別名・類語

  2. お屠蘇の意味・類語・言い換え

  3. ジュゴンとマナティの違い・見分け方

  4. ふぐりの語源・由来

  5. 財布の語源・由来

  6. 無料と無償の違い

  7. 利子と利息と金利の違い

  8. かぶの栄養基礎知識

  9. ポシャるの語源・由来

  10. ちぐはぐの語源・由来

人気記事

  1. 飛ぶと跳ぶと翔ぶの違い

  2. 市販薬と処方薬の違い

  3. 十分と充分の違い・使い分け

  4. 海胆と海栗と雲丹の違い

  5. さつまいもを食べるとおならが出る理由とおならを防ぐ方法

  6. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

  7. せんべいとあられとおかきの違い

TOP