「努める」「勉める」「勤める」「務める」の微妙な違いと使い分け解説

「努める」「勉める」「勤める」「務める」、これらの言葉はどれも努力や奮闘に関連した意味を持ちながら微妙な違いがあります。

まず、「努める」は、勉学、サービス向上、健康への努力など、力を尽くして行うことを指します。人が持てる力を駆使して目標に向かって進む姿勢を表しています。

「勉める」は、困難に耐え、無理をして励むことを指し、「力める」とも表記されます。ただし、これは「努める」とほぼ同じ意味であり、通常は「努める」が一般的に使用されます。

「勤める」は、会社や官庁に勤務することや職に就くことを示します。また、仏道に励む、法事を勤めるなど、仏道を修める意味も含まれています。職場において定期的に行う仕事や義務を果たす概念も含まれます。

一方で、「務める」は引き受けた任務や役割を果たすために力を出すことを指します。例えば、議長を務める、主役を務めるなど、特定の役職や役割を遂行する意味合いがあります。

これらの言葉は語源が同じで、「努力する」という共通の基盤から派生していますが、微妙なニュアンスや使用文脈によって使い分けが必要です。

参考:「努める」「勉める」「勤める」「務める」の違いとは

TOP
テキストのコピーはできません。