「努める」「勉める」「勤める」「務める」の違い

努めるは、勉学に努める、サービス向上に努める、ダイエットに努めるなど、努力すること、力を尽くして行うことを表す。

勉めるは、困難に耐えて努力する、無理をしてでも励むことを意味し、「力める」とも書く。
勉める(力める)は、努めるとほぼ同じ意味で表外音訓であるため、「努める」を使うのが一般的である。

勤めるは、会社に勤める、官庁に勤める、勤め先など、職に就くこと、職場に勤務することを表す。
また、朝のお勤め、法事を勤めるなど、仏道に励む、仏道を修めるといった意味でも、「勤める」は用いられる。

務めるは、議長を務める、主役を務める、親としての務めなど、引き受けた任務や役割を果たすために力を出すことを表す。

いずれも語源は同じで、勤めるや務めるも、「努力する」という意味から派生した表現である。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 放送の語源・由来

  2. 真っ向の語源・由来

  3. 焼きが回るの語源・由来

  4. 文披月の意味・異名・類語

  5. ビンタの意味・類語・言い換え

  6. ジンクスの語源・由来

  7. 恵方巻きの意味・別名・類語

  8. でたらめの意味・類語・言い換え

  9. とろろ昆布とおぼろ昆布の違いは名前だけ?種類についても解説

  10. 油断の意味・類語・言い換え

  1. 郵便マーク「〒」の由来

  2. 液晶テレビの意味・類語・言い換え

  3. ボーナスの語源・由来

  4. 反りが合わないの語源・由来

  5. 「追求」「追及」「追究」の違い

  6. 「魂」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. しつこいの意味・類語・言い換え

  8. ヤツメウナギの意味・別名・類語

  9. 「シミ」と「そばかす」の違い

  10. 鉄火巻きの意味・別名・類語

人気記事

  1. 「押印」「捺印」「押捺」の違い

  2. 道化(道化師)の語源・由来

  3. プードルの語源・由来

  4. パパイアの語源・由来

  5. 「児童」「生徒」「学生」の違い

  6. 五徳の語源・由来

  7. 「パート」と「アルバイト」の違い

TOP