「未熟児」「低出生体重児」「早産児」の違い

未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。
一般には、体重が2,500グラム未満の子をいい、1,500グラム未満は「極小未熟児」、1,000グラム未満は「超未熟児」ともいう。
出生時の体重が2,500グラム未満であっても、身体機能に問題がなかったり、2,500グラム以上でも身体機能の発育が未熟なことがある。
そのため、現在は正式な医学用語として「未熟児」は用いられず、医学用語の「低出生体重児」と「早産児」を組み合わせて用いられる。

低出生体重児は、一般にいう「未熟児」のことで、体重が出生時の体重が2,500グラム未満の新生児のこと。
「極小未熟児」に相当する1,500グラム未満の子は「極低出生体重児」、「超未熟児」に相当する1,000グラム未満の子は「超低出生体重児」という。
母子保健法では、「低出生体重児」を「低体重児」と呼び、低体重児が出生した時には、その保護者は速やかに、都道府県等へ届け出ることが義務付けられている。

早産児は、在胎週数による分類で、通常よりも早く生まれた新生児のこと。早生児ともいう。
通常の在胎週数は37週から42週未満で、この間に生まれた新生児は「正期産児」、22週から36週の間に生まれた子が「早産児」、在胎42週以上で生まれた子は「過期産児」という。
早産児は、母親の胎内にいる期間が短い分、低体重や身体機能が未発達といった、いわゆる未熟児(低出生体重児)であることが多い。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. お盆の意味・類語・言い換え

  2. 久御山町の意味・シンボル

  3. 絵に描いた餅の意味・類語・言い換え

  4. 差出がましいの意味・類語・言い換え

  5. ビーフの語源・由来

  6. チョコレートの語源・由来

  7. 「大漁」と「豊漁」の違い

  8. 教養の語源・由来

  9. スパゲッティの意味・類語・言い換え

  10. チンゲン菜の栄養基礎知識

  1. 時計の語源・由来

  2. 土用丑の日の意味・類語・言い換え

  3. めはり寿司の語源・由来

  4. 向上の意味

  5. てこずるの意味・類語・言い換え

  6. 坩堝の語源・由来

  7. イヌノフグリの語源・由来

  8. ブナの語源・由来

  9. 「夫」「主人」「旦那」「亭主」の違い

  10. 苦いの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 鳥の語源・由来

  2. メンチカツの語源・由来

  3. 「芭蕉」と「バナナ」の違い

  4. おっぱいの語源・由来

  5. パビリオンの語源・由来

  6. 「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

  7. 梅の栄養基礎知識

TOP