ヨーグルトの種類

一般的な分類によるヨーグルトの種類

ヨーグルトには多くの種類がありますが、一般には次の5種類に分類されます。

プレーンヨーグルト

砂糖や香料などの添加物を一切加えず、乳を乳酸菌で発酵させただけのもの。
シンプルなヨーグルトなので、果物を加えたり、料理やお菓子にも利用できます。

ハードヨーグルト

乳に甘味料や香料、果汁、寒天、ゼラチンなどを加えて固めたもの。最近は、寒天やゼラチンを加えていないタイプもあります。
プリン状に固まるため、弾力のある固体になります。

ソフトヨーグルト

発酵して固まったヨーグルトをかき混ぜて滑らかにし、甘味料や果汁・果肉を加えたやわらかいタイプのもの。
一般的に、デザート感覚で食べる「フルーツヨーグルト」はこのタイプです。

フローズンヨーグルト

乳を発酵させた後、冷凍したアイスクリーム状のもの。
凍結していますが乳酸菌は生きており、口の中で溶けると活動を再開するため、整腸作用の効果は失われません。
アイスクリームより低カロリーなものが多く、ダイエット中のデザートとして食べられています。

ドリンクヨーグルト

一般に「飲むヨーグルト」と呼ばれ、ヨーグルトを攪拌(かくはん)して、均一の液状にしたものです。
多くが、砂糖や果汁、香料などを加えて、飲みやすくされています。
「乳酸飲料」とは異なります。

成分値で分類されたヨーグルトの種類

日本食品標準成分表では、成分値によって以下のように分類されます。

全脂無糖 別名「プレーンヨーグルト」

乳脂肪分を3%程度含む。

低脂肪無糖

プレーンヨーグルトのうち、脂肪分がほぼ1%程度のもの。

無脂肪無糖

プレーンヨーグルトのうち、乳脂肪分がほぼ0.5%未満のもの。

脱脂加糖 別名「普通ヨーグルト」

脱脂乳を原料として、砂糖、果糖等の糖類を添加してあるもの。
ゼラチンや寒天などの凝固剤を加えたものが多い。

ドリンクタイプ 加糖 別名「飲むヨーグルト」

上記「ドリンクヨーグルト」に同じ。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. ミーハーの語源・由来

  2. 戒めるの語源・由来

  3. よりを戻すの語源・由来

  4. 名残の語源・由来

  5. 親の語源・由来

  6. サウスポーの語源・由来

  7. 堂々の語源・由来

  8. 緑黄色野菜の栄養基礎知識

  9. スミイカの語源・由来

  10. 赤ちゃんの意味・類語・言い換え

  1. 名古屋市の語源・由来

  2. 髪の語源・由来

  3. 矜持の意味・類語・言い換え

  4. 心配の意味・類語・言い換え

  5. ズワイガニと松葉ガニと越前ガニの違い

  6. 目から鱗が落ちるの語源・由来

  7. しどろもどろの語源・由来

  8. 兵庫県の意味・シンボル

  9. レストランの語源・由来

  10. 金満家の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 寄付金と義援金と支援金の違い

  2. 特徴と特長の違い・使い分け

  3. 天気と天候と気候と気象の違い・使い分け

  4. 生誕と誕生の違い・使い分け

  5. せんべいとあられとおかきの違い

  6. 水族館のサメが他の魚を食べない理由

  7. 留意と注意と用心の違い・使い分け

TOP