目安の語源・由来

目安は、形容詞「めやすし」の語幹が名詞になった語。
「めやすし」の語構成は「目(め)」+「安し(やすし)」で、見ていて安心していられるという意味から、平安時代には「見苦しくない」「見やすい」の意味で用いられた。
鎌倉時代頃から、そろばんの位どりの印、秤の目盛りなど、見てすぐにわかるものを「目安」と呼ぶようになり、目当てや基準の意味で用いられるようになった。
室町時代以後、読みやすく箇条書きにした文書や訴状も「目安」と言うようになったことから、訴状一般を指すようになった。
将軍吉宗が設置した「目安箱」が政治の指針となったことから、見通しや基準の意味になったとする説もあるが、「目安箱」は「目安」の持つ「訴状」という意味から名付けられたものなので、この説は間違いである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ワレモコウの種類

  2. 麻雀の語源・由来

  3. ずんぐりむっくりの意味・類語・言い換え

  4. 里芋の意味・別名・類語

  5. おまるの語源・由来

  6. ハムスターの語源・由来

  7. 智頭町の意味・シンボル

  8. あまつさえの語源・由来

  9. ハモの意味・別名・類語

  10. クジラの語源・由来

  1. めでたいの語源・由来

  2. オーデコロンの語源・由来

  3. 反面教師の語源・由来

  4. 足元を見るの語源・由来

  5. 元日の意味・類語・言い換え

  6. バス(乗り物)の語源・由来

  7. アワビの種類

  8. はやての語源・由来

  9. とっくにの語源・由来

  10. 関東の雑煮と関西の雑煮の違い

人気記事

  1. 穴と孔の違い・使い分け

  2. 日本酒と焼酎の違い

  3. 戦略と戦術の違い

  4. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  5. 真夏と盛夏と盛暑の違い

  6. 寿司と鮨と鮓の違い

  7. 体幹とインナーマッスルの違い

TOP