時の語源・由来

時の語源には、とどまることなく流れることから「とこ(常)」の転とする説と、速く過ぎることから「とき(疾)」の意味とする説がある。
「年」の語源が「疾し(とし)」にあるとすれば、それよりも速く過ぎる「時」の語源が「とき(疾)」でも不自然ではない。
また、「常」は「とどまることなく」の意味からとされるが、「常にあるもの」は「停滞」を意味し、「流れる」という意味が弱いことから、「とき(疾)」とした方が良いであろう。

漢字「時」の「寺」は、「寸(て)」と音符「之(あし)」の会意兼形声文字で、「手足を働かせて仕事すること」を意味する。
その「寺」に「日」が加わり、「日が進行すること」を表している。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 伊達巻きの意味・別名・類語

  2. クラリネットの語源・由来

  3. みょうがの意味・別名・類語

  4. 阿鼻叫喚の意味・類語・言い換え

  5. 退任の意味・類語・言い換え

  6. アブラゼミの語源・由来

  7. 蝶の意味・別名・類語

  8. 天竺牡丹の語源・由来

  9. ざっくばらんの意味・類語・言い換え

  10. 生意気の意味・類語・言い換え

  1. 沖縄県の語源・由来

  2. 食べ物の意味・類語・言い換え

  3. 赤ワインの栄養基礎知識

  4. 山梨県の意味・シンボル

  5. 頑張るの語源・由来

  6. イイダコの語源・由来

  7. リンドウの種類

  8. 大和市の語源・由来

  9. 対象の意味・類語・言い換え

  10. ぶどう酒の意味・別名・類語

人気記事

  1. 「材料」「原料」「原材料」「素材」「資材」の違い

  2. 「関東の雑煮」と「関西の雑煮」の違い

  3. 辟易の語源・由来

  4. タバコの語源・由来

  5. 鳥取県の語源・由来

  6. 膿の語源・由来

  7. 大津市の語源・由来

TOP