時の語源・由来

時の語源には、とどまることなく流れることから「とこ(常)」の転とする説と、速く過ぎることから「とき(疾)」の意味とする説がある。
「年」の語源が「疾し(とし)」にあるとすれば、それよりも速く過ぎる「時」の語源が「とき(疾)」でも不自然ではない。
また、「常」は「とどまることなく」の意味からとされるが、「常にあるもの」は「停滞」を意味し、「流れる」という意味が弱いことから、「とき(疾)」とした方が良いであろう。

漢字「時」の「寺」は、「寸(て)」と音符「之(あし)」の会意兼形声文字で、「手足を働かせて仕事すること」を意味する。
その「寺」に「日」が加わり、「日が進行すること」を表している。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 謝罪と陳謝と深謝の違い

  2. トランプの語源・由来

  3. 八朔の語源・由来

  4. 絆されるの語源・由来

  5. 満を持すの語源・由来

  6. あけぼのの語源・由来

  7. 日本一低い山は宮城県仙台市の日和山

  8. 怖いの語源・由来

  9. 発見と発明の違い

  10. 練馬区の語源・由来

  1. 小松菜の栄養基礎知識

  2. 出世の語源・由来

  3. 横綱の語源・由来

  4. 6月の意味・異名・類語

  5. 圧巻の意味・類語・言い換え

  6. 贔屓の意味・類語・言い換え

  7. ガスの語源・由来

  8. 木の語源・由来

  9. スクランブルエッグの意味・類語・言い換え

  10. ホヤの語源・由来

人気記事

  1. 楽しいと面白いの違い・使い分け

  2. 芳香剤と消臭剤と脱臭剤の違い

  3. 日本一高い山は富士山ではなかった

  4. 三毛猫のオスが少ない理由

  5. 弁済と返済の違い

  6. 若干と弱冠の違い

  7. 暖かいと温かいの違い・使い分け

TOP