千金の珠は必ず九重の淵の而も驪龍の頷下に有りの意味・類語・言い換え

千金の珠は必ず九重の淵の而も驪龍の頷下に有りの読み・別表記

せんきんのたまはかならずきゅうちょうのふちのしかもりりょうのがんかにあり

千金の珠は必ず九重の淵の而も驪龍の頷下に有りの意味

貴重な物は容易には得られず、非常な危険を冒さなければならないことのたとえ。

故事ことわざ辞典「千金の珠は必ず九重の淵の而も驪龍の頷下に有り」の類語

驪竜頷下の珠/頷下の珠/虎穴に入らずんば虎子を得ず危ない橋も一度は渡れ危ない所に登らねば熟柿は食えぬ

出典:千金の珠は必ず九重の淵の而も驪龍の頷下に有り – 故事ことわざ辞典

TOP

Warning: Undefined array key "single_news_show_sns_top" in /home/allguide/all-guide.com/public_html/wp-content/themes/muum_tcd085/footer.php on line 267

Warning: Undefined array key "single_news_show_sns_btm" in /home/allguide/all-guide.com/public_html/wp-content/themes/muum_tcd085/footer.php on line 267