寄らば大樹の陰の意味・類語・言い換え

寄らば大樹の陰の読み・別表記

よらばたいじゅのかげ

寄らば大樹の陰の意味

頼りにするならば、大きな勢力のある者のほうが安心でき利益もあるということのたとえ。

故事ことわざ辞典「寄らば大樹の陰」の類語

立ち寄らば大樹の陰/寄らば大木の下/鰯の頭をせんより鯛の尾に付け/箸と主とは太いのへかかれ/箸と身代は太いがよい/大所の犬となるとも小家の犬となるな/犬になるとも大所の犬になれ/長い物には巻かれろ

出典:寄らば大樹の陰 – 故事ことわざ辞典

こちらもオススメ

TOP