置いてけぼりの語源・由来

置いてけぼりは、江戸本所七不思議のひとつ「置いてけ堀」の故事に由来する。
その故事とは、夕方に堀で釣った魚を魚籠(びく)に入れて帰ろうとすると、釣った魚を堀に返すまで、堀の中から「置いてけ、置いてけ」という声が聞こえたという話である。
この堀が何処であるかは、「錦糸堀」や「亀戸東方の堀」など諸説ある。

「置いてきぼり」は、「置いてけぼり」が転じた語。
「置いてきぼり」を使う人が多くなった時代があり、この言い方も一般化しているため、「置いてけぼり」と「置いてきぼり」のどちらが正しいということはなく、どちらを使っても間違いではない。
現代では、「置いてけぼり」が多く使われている。

出典:語源由来辞典

TOP