よしずの意味・類語・言い換え

よしずの読み・別表記

葦簀/葭簀

よしずの意味

葦で作った簀。日よけや人目を遮るのに用いる。《季 夏》

よしずの類語・言い換え

よしすだれ/すだれ/御簾/室簾/蚕箔/日除け/シェード/ブラインド/日覆い

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. マヨネーズの栄養基礎知識

  2. 金字塔の語源・由来

  3. 湯布院と由布院の違い

  4. 拙いの語源・由来

  5. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  6. 予言の意味・類語・言い換え

  7. 白ワインの栄養基礎知識

  8. ゆっくりの意味・類語・言い換え

  9. 青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの違い

  10. ネックレスとペンダントとチョーカーの違い

  1. 一粒万倍の意味・類語・言い換え

  2. 赤身魚と白身魚と青魚の違い

  3. 生い立ちの意味・類語・言い換え

  4. ウサギの目が赤い理由

  5. 賀寿の意味・類語・言い換え

  6. 年号の意味・類語・言い換え

  7. なるほどの語源・由来

  8. 白寿の意味・類語・言い換え

  9. 瞳の語源・由来

  10. 顧みるの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 雑学と豆知識の違い

  2. 濃口醤油と薄口醤油の違い

  3. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  4. ボウリングのピンが9本から10本になった理由

  5. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い・使い分け

  6. タイの首都バンコクの正式名称は世界一長い

  7. バレンシアオレンジとネーブルオレンジの違い

TOP