とうもろこし(トウモロコシ/玉蜀黍)の意味・類語…

とうもろこしの画像

【とうもろこしの意味】
イネ科の一年生作物。稲・小麦とともに世界三大穀物の一つ。アメリカ熱帯地方原産で、日本へは16世紀に渡来。夏、茎頂に円錐状の雄花穂をつけ、雌花穂は葉腋につく。種子はでんぷんに富み、食用・飼料・工業原料にする。《季 秋》

【とうもろこしの類語】
コーンメイズ/とうきび/まきび/南蛮/南蛮(なんば)/南蛮黍/南蛮黍(なんばきび)/キビ/たまきび/もろこし/高麗黍/菓子黍/スイートコーン/ヤングコーンベビーコーン/デントコーン/フリントコーン/ポップコーン/ワキシーコーン/もちとうもろこし/ソフトコーン/フラワーコーン/ポッドコーン/ジャイアントコーン/カーネルコーン

【とうもろこしの同音異義語】

【とうもろこしの関連リンク】
トウモロコシのひげの正体と粒の関係
「とうもろこし」の語源・由来

【とうもろこしの関連項目】
玉蜀黍の花
・稲
・小麦

ページ上部へ戻る