エノコロヤナギの語源・由来

エノコロヤナギの「エノコロ」とは、「犬の子」のこと。
「ネコヤナギ」の名と同じく、銀白色の花穂を小犬のしっぽに見立て、「エノコロヤナギ」と呼ばれるようになった。
「犬の子」の「えのころ」は、漢字で「犬子」「犬児」「狗児」などと表記するが、エノコロヤナギは小犬の「尾」に見立てていることから、「狗尾柳」と表記される。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ヤブ医者の語源・由来

  2. 差出がましいの意味・類語・言い換え

  3. 一寸法師の意味・類語・言い換え

  4. 敬老の日の意味・類語・言い換え

  5. 「賞味期限」と「消費期限」の違い

  6. あわよくばの語源・由来

  7. くだらないの意味・類語・言い換え

  8. 感心の意味・類語・言い換え

  9. レタスの栄養基礎知識

  10. 成金の語源・由来

  1. 海抜の意味・類語・言い換え

  2. プロパガンダの語源・由来

  3. 旬の語源・由来

  4. 和泉市の語源・由来

  5. マリーゴールドの語源・由来

  6. ばっちりの意味・類語・言い換え

  7. 「白」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. サラダ菜の栄養基礎知識

  9. あなごの意味・別名・類語

  10. オリーブの栄養基礎知識

人気記事

  1. 「聖歌」と「讃美歌」の違い

  2. 「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」の違い

  3. 水商売の語源・由来

  4. カラオケの語源・由来

  5. アネモネの語源・由来

  6. 奈良市の語源・由来

  7. フルートの語源・由来

TOP