ちくわの語源・由来

ちくわが作られ始めた頃は、この食品が「かまぼこ」と呼ばれていた。
桃山時代になると、現在「かまぼこ」と呼ばれている板付きのものが作られるようになり、そちらが「かまぼこ」と呼ばれるようになった。
そのため、それまで「かまぼこ」と呼ばれていたものは、切り口が竹の輪に似ていることから「竹輪かまぼこ」と呼ばれるようになり、略して「竹輪」と呼ばれるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 爪弾きの語源・由来

  2. 伊丹市の意味・シンボル

  3. コリーの語源・由来

  4. 「曖昧」「あやふや」「うやむや」の違い

  5. 理髪店の意味・別名・類語

  6. カルビの語源・由来

  7. ひやむぎの意味・別名・類語

  8. ダイナマイトの意味・類語・言い換え

  9. 料理の意味・類語・言い換え

  10. 大童の意味・類語・言い換え

  1. うやむやの語源・由来

  2. 血道を上げるの語源・由来

  3. 青森市の語源・由来

  4. 「初夏」「立夏」「孟夏」の違い

  5. 下関市の意味・シンボル

  6. にがりの語源・由来

  7. タメ口の意味・類語・言い換え

  8. リゾットの意味・類語・関連料理

  9. 大丈夫の語源・由来

  10. うどの栄養基礎知識

人気記事

  1. タランチュラの語源・由来

  2. プレハブの語源・由来

  3. マルバヤナギの語源・由来

  4. ボールペンの語源・由来

  5. パセリの語源・由来

  6. 「せんべい」「あられ」「おかき」の違い

  7. 人口に膾炙するの語源・由来

TOP