浅草神社一社の祭りを「三社祭」と呼ぶ理由

三社祭とは

三社祭は毎年5月第3週の金・土・日曜日に行われる東京都台東区浅草の浅草神社の例大祭で、正式名称を「浅草神社例大祭」といいます。

浅草神社例大祭を三社祭と呼ぶ理由

浅草神社の祭が「三社祭」と呼ばれるのは、浅草寺と浅草神社の歴史に関係しています。
推古天皇の36年(628)、現在の隅田川河口あたりで、漁師の檜前浜成(ひのくまはまなり)と竹成(たけなり)の兄弟が漁をしていたところ、一寸八分(約4.8センチメートル)の観音菩薩像が網にかかりました。
兄弟が地元の識者である土師中知(はじのなかとも)にその像を見てもらったところ、聖観世音菩薩像であることが判明しました。
その後、土師氏は剃髪して僧となり、自邸に堂舎を構えて寺にし、兄弟が見つけた観音像を安置したのが浅草寺の始まりです。
平安時代末期、浅草寺の創始者である土師氏の末裔が寝ていたところ、夢で「浅草発展に寄与した功労者である3人を浅草寺の傍らに神様として祀りなさい」と観音様からのお告げを受けました。
そのお告げ通り、檜前兄弟と土師氏の3人を祀った神社が浅草神社で、明治6年(1873)に改称するまでは「三社大権現社」といいました。
つまり、「三社」とは、浅草発展の功労者である檜前兄弟と土師氏の3人のことだったのです。

今見られている記事 ランダム
  1. カリスマの語源・由来

  2. 蚊の種類

  3. 牛の語源・由来

  4. げんをかつぐの語源・由来

  5. ホッチキスの語源・由来

  6. きんぴらごぼうの語源・由来

  7. いわしの語源・由来

  8. 稼ぐの語源・由来

  9. マナーとエチケットの違い

  10. 姑息の語源・由来

  1. 島根県の語源・由来

  2. スズメの語源・由来

  3. 竜(たつ)の意味・別名・類語

  4. 有頂天の語源・由来

  5. カリの語源・由来

  6. 道楽者の意味・類語・言い換え

  7. ウイスキーの栄養基礎知識

  8. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  9. 還暦の語源・由来

  10. 鳶職の語源・由来

人気記事

  1. 懐古と回顧の違い・使い分け

  2. 生誕と誕生の違い・使い分け

  3. 郵便マーク「〒」の由来

  4. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  5. 凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)の違い

  6. お辞儀と会釈の違い

  7. 第1回冬季オリンピック大会の正式名称は長くてややこしい

TOP