護摩の灰の語源・由来

護摩の灰は、密教で護摩木を焚いて仏に祈る「護摩」で燃やす木の灰のこと。
高野聖(こうやひじり)のいでたちで、「弘法大師の護摩の灰」と偽って押し売りをして歩いた者がいたことから、騙して売る者や押し売りをする者を「護摩の灰」と呼ぶようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. モノレールの意味・別名・類語

  2. ウグイスの意味・別名・類語

  3. にんにくの語源・由来

  4. 静岡県の意味・シンボル

  5. もぬけの殻の語源・由来

  6. 「降雪」「積雪」「着雪」の違い

  7. 判を押すの意味・類語・言い換え

  8. 及ばぬ鯉の滝登りの意味・類語・言い換え

  9. ひげの語源・由来

  10. アイデンティティの語源・由来

  1. 恵みの語源・由来

  2. 陣痛の意味・類語・言い換え

  3. カワヤナギの語源・由来

  4. ターコイズの語源・由来

  5. ブロマンスの意味・類語・言い換え

  6. 「明く」「開く」「空く」の違い

  7. 「雑学」と「豆知識」の違い

  8. バリカンの語源・由来

  9. おけらになるの語源・由来

  10. アメンボの語源・由来

人気記事

  1. 轟くの語源・由来

  2. ツメクサの語源・由来

  3. 先鞭をつけるの語源・由来

  4. 八朔の語源・由来

  5. 頭取の語源・由来

  6. アジの語源・由来

  7. クリスマスの語源・由来

TOP