けじめの語源・由来

けじめの語源は諸説あるが、囲碁用語の「けち(結・闕)」からとする説、「けちえん(掲焉)」の説、「わかちめ(分目)」の説のいずれかと思われる。
囲碁用語の「けち(結・闕)」は、対局の終盤で決まらない目を詰め寄せることで、いわゆる「駄目」のことである。
「けちえん(掲焉)」は、「くっきりと際立つさま」「明らかなさま」を意味する語で、「掲」を「けち」と読むのは呉音である。
「けぢめ(けじめ)」の語が見られるのは平安時代で、時代的には問題なく囲碁用語からとも考えられるが、「区別」という意味になったという点で説得力に欠ける。
「掲焉」は意味の面では通じるが、「けちえん」から「けぢめ」への変化は考え難い。
平安末期の辞書『類聚名義抄』の「分」の訓に「ケヂメ」とあり、「わかちめ(分目)」の意味から生じた語と考えるのが妥当であろう。
ただし、『源氏物語』では「けぢめ見えず」「けぢめ見ず」など、見ることに関わる動詞を伴なった表現がされており、元々、けじめは視覚的な区別を表す語であったと考えられることから、「掲焉」の説も間違いとは言い切れない。
「けぢめ(けじめ)をとる」、「けぢめ(けじめ)を食う」といった表現が見られるようにるのは江戸時代以降で、現代では主に「けじめをつける」の形で用いられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. しらたきと糸こんにゃくの違い

  2. 可愛いの意味・類語・言い換え

  3. ルーキーの意味・類語・言い換え

  4. 神無月の意味・類語・言い換え

  5. タピオカの語源・由来

  6. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  7. 美しいの語源・由来

  8. こんにちはの語源・由来

  9. ふんどしの意味・別名・類語

  10. Marchの意味・類語・言い換え

  1. 鬼籍に入るの意味・類語・言い換え

  2. サバの語源・由来

  3. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

  4. サンダルの語源・由来

  5. とてつもないの意味・類語・言い換え

  6. 鬼籍の意味・類語・言い換え

  7. ピアノの意味・別名・類語

  8. カフェオレとカフェラテとカプチーノとカフェモカの違い

  9. 遠慮の語源・由来

  10. 茶寿の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ヒラメとカレイの違い・見分け方

  2. 平和と和平の違い

  3. 伯母と叔母と小母の違い

  4. 主催と協賛と協力と後援の違い・使い分け

  5. 基準と標準と水準の違い・使い分け

  6. 巻き寿司と海苔巻きと太巻きと恵方巻と手巻き寿司の違い

  7. コリアンダーとパクチーの違い

TOP